ITエンジニアに必要な今を知れる情報メディア
IIJ、テレワークを支援するリモートアクセス環境を5月末まで無償提供
news

IIJ、テレワークを支援するリモートアクセス環境を5月末まで無償提供

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は3月13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、在宅勤務やテレワークを実現するリモートアクセス環境を、2020年5月末までの期間限定で無償提供すると発表しました。

同社は緊急の応急対策として、リモートアクセスサーバ機能を備えたVPN機器(SEIL)を最短で即日出荷。遠隔でSEILを管理するマネージメントサービス「IIJ SMF sx サービス」を利用するため、届いたSEILはケーブルをつないで電源を入れるだけで設定情報を自動で取得して動作します。SEILを利用しリモートアクセス環境を構築することで、迅速なテレワーク導入を支援する、としています。

SEILでは、接続認証としてアカウントID/パスワード認証を利用します。1台で同時に50接続のリモートアクセスが可能で、許可する接続はリモートデスクトップ(RDP)のみに制限することで安全なテレワーク環境を実現。また、RDP接続時に接続元のローカルPCへのデータコピーを制御することもできます。



(利用イメージ)

なお、利用の際は、NTT東日本もしくは西日本のフレッツ回線(ファミリー・マンションタイプ)、プライベートIPアドレス(1つ)、PPPoEセッションの空き(1セッション)などが必要となります。IIJは、今回提供するリモートアクセス環境は、あくまで緊急時の一時的利用と想定しており、継続的な環境が必要な場合は、自社のセキュリティ要件や利便性を検討し、再整備することを推奨しています。

【出典】IIJ、企業のテレワークを支援するリモートアクセス環境を5月末まで無償提供

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

エンジニア向け求人特集

BACK TO TOP ∧

FOLLOW