ITエンジニアに必要な今を知れる情報メディア
ブロックチェーンの開発者になるには
skill

ブロックチェーンの開発者になるには

ビットコインの中核技術として生まれたブロックチェーン。現在は仮想通貨に留まらず、さまざまな分野での活用が期待されている注目の技術です。ブロックチェーン開発の需要に対して、開発者の不足が課題となっているようです。(Misa)

仮想通貨だけではないブロックチェーン技術

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」と表現するとイメージしやすいでしょう。仮想通貨の取引履歴を記録した台帳が、分散型ネットワークに保存・管理されるしくみです。「ブロック」と呼ばれるデータの単位を生成し、鎖(チェーン)のように連結していくことでデータを保管するデータベースです。

個々のブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれており、いったんチェーンに追加されたブロックを改ざんするには、それ以降のブロックをすべて書き換える必要があります。サービスを稼働しているブロックチェーンの履歴は刻一刻と増え続けるため、物理的には可能でも現実的には改ざん不可能とされています。

さらに、履歴がサービス利用者であるユーザーのコンピューターに保存され、管理者による中央集権的な管理ではなく、複数のコンピューターによって自律的に管理されます。このブロックチェーンを応用したdApps(ダップス:Decentralized Applications)という、中央管理者なしで運営・管理できる分散型アプリケーションが注目されています。

<ブロックチェーンで実現できること>
・過去の履歴が自動的に記録され、すべてさかのぼることができる。
・記録の改ざんが理論上は不可能なため、履歴を「契約」として扱うことができる。
・記録によって価値や権利が担保されるため、仲介者を入れずに授受ができる。

ブロックチェーンの開発

ブロックチェーンの実装に使用されている言語は多数あり、開発言語は特定されていません。仮想通貨関連システムではC++またはC#、スマートコントラクトではSolidity、産業分野ではJavaといったように実装される機能や連携するシステムにあわせて、開発環境が選択される場合もあります。ブロックチェーンを実装するためのライブラリは現時点ではJavaScriptが多いのですが、今後の需要に応じて各言語にライブラリが増えていくことも予想されます。

未経験からブロックチェーン開発に携わるエンジニアが苦労するのは特定の言語での実装方法ではなく、従来型のWebシステムとのギャップやブロックチェーン固有の用語など、すなわちブロックチェーン全般への理解不足が大きいようです。まずは、ブロックチェーンの概念や仕組みをより深く理解しておくとよいでしょう。

また、ブロックチェーン独自のプラットフォームやフレームワークに触れておくことも有効です。

ブロックチェーンのエンジニアになるには

ブロックチェーン関連の仕事は、仮想通貨のブロックチェーン開発、ブロックチェーンを利用した新しいサービス及びアプリケーション開発、ブロックチェーンの最先端技術の研究開発などがあります。国内の金融機関などを中心に仮想通貨に参入する企業の増加やブロックチェーンを利用した新しいビジネスモデルの増加で、今後も開発者のニーズが高まっていくことが予想できます。ブロックチェーンでは、Webサービスの基礎知識やサーバサイド、データベースなどの基本的な知識は必要不可欠といわれています。Webアプリケーションの開発経験を活かしたキャリアチェンジは十分に可能といえるでしょう。



原稿:Misa

ITベンチャーで企画、人材開発、広報などを経て独立。現在はコンサルタント、ときどきライター。ライターとしては、IT系以外、アニメ・マンガ、車から美容・健康まで何でもチャレンジ中。

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

エンジニア向け求人特集

BACK TO TOP ∧

FOLLOW