ITエンジニアに必要な今を知れる情報メディア
「プログラミング教育」とは?必修化される理由や目的、内容を解説
skill

「プログラミング教育」とは?必修化される理由や目的、内容を解説

インターネットがある生活が普通となり、いわゆる「デジタルネイティブ世代」がビジネスの領域においても力を発揮する時代となりました。今後、子どもたちが成長していく過程において、IT技術の飛躍的な進化が予想される中、その技術や思考に対応できるかどうかは、将来の職業の選択や収入において大きな要素となってきます。

今回は、そんな中で学校教育における必修化が決まった「プログラミング教育」について解説します。

目次

1.2020年からプログラミング教育が必修化

2.そもそもプログラミング教育とは?

3.プログラミング教育の必修化はなぜ必要?

4.必修化は「学習指導要領」の一部

5.プログラミング教育必修化の具体的な内容とは?

6.プログラミング教育により学べること

6.1 問題を解決する力が身につく

6.2 自発的に学ぶ力が身につく

6.3 想像したものを創造できる力を養える

6.4 論理的思考が培われる

7.プログラミング教育の課題とは

8.プログラミング教育の前に準備しておくことは?

9.まとめ

1.2020年からプログラミング教育が必修化

文部科学省の新小学校学習指導要領によって、2020年度よりプログラミング教育が必修化されます。

しかし、必修化といっても国語や算数のように「プログラミング」という教科が追加されるわけではありません。プログラミングを指導するのではなく、『プログラミング的思考』を身に付け、コンピュータの社会的役割を正しく理解してもらうことが目的とされています。

2.そもそもプログラミング教育とは?

プログラミング教育とは、『プログラミング的思考』を育てるための教育とされています。このプログラミング的思考とは、プログラミングを行う際に必要となる論理的思考力を指します。

日本は先進国の中で、プログラミングやPCスキルの教育が、後れを取っているとも言われており、その遅れを取り戻して世界での競争力を養うためにも、プログラミングにおける論理的思考の向上は欠かせないものです。

3.プログラミング教育の必修化はなぜ必要?



プログラミング教育の必修化には、論理的思考力や創造性、問題解決能力などの育成といった目的があります。それは、プログラミングにおける実際のコーディングスキルは時代によって変化するため、コーディングそのものよりも、自分で考えて形にするための思考力・行動力の育成が重要とされているためです。

プログラミング教育を通して、普遍的に求められる問題解決能力を育成しようというのが今回の必修化の経緯となります。

【関連記事】「小学校でのプログラミング教育必修化へ--先生を支援するICT支援員がいない!」

4.必修化は「学習指導要領」の一部

学習指導要領とは、文部科学省が定める小学校・中学校での教育課程の基準を定めたものです。この学習指導要領を基に、教科書や時間割などが作られています。

今回のプログラミング教育の必修化は、この学習指導要領が改訂されたことによるもので、小学校の算数、図工、理科、音楽など、様々な教科の中でプログラミング教育が行われることになります。

5.プログラミング教育必修化の具体的な内容とは?

プログラミング教育必修化で目指すものとしては、有識者会議にて次の4点が挙げられています。

● 身近な生活でコンピュータが活用されていることに気づかせる

● 問題の解決には必要な手順があることを教え、論理的思考を身につける

● 各教科で育まれる思考力を基盤としながら、基礎的な『プログラミング的思考』を身につける

● コンピュータの働きを生活に活かそうとする姿勢を身につける

つまり、プログラミング教育必修化によってただプログラミングを教えるのではなく、各教科にて『プログラミング的思考』を身に付けながら、自分で考え解決する力を育成することを目的としているのです。

6.プログラミング教育により学べること

プログラミング教育は、プログラミングそのものを教えるのではなく『プログラミング的思考』を身につけるためのものです。ここでは、実際にどのような能力が身につくのか、具体的に見てみましょう。

6.1.問題を解決する力が身につく

プログラミングでは、コンピュータを自分の思い通りに動作させるための「命令」を順序立てて組み合わせる力が求められます。その力を身につけることで、複数の情報を結びつけ、問題を発見・解決する力が身につきます。

6.2.自発的に学ぶ力が身につく

プログラミングは、単に問題に対して解答するといった単純なものではありません。課題を解決するための手順を自分で調べ、考える必要があります。その思考力を身につけることにより、目的を果たす過程で自発的に学ぶ力が身につきます。

6.3.想像したものを創造できる力を養える

プログラミングとは、目的を達成するための手順を頭の中で組み立て、実際にプログラムに落とし込んで形にする作業です。プログラミング的思考が身につけば、頭の中で想像したものを実際の形として創造する力が養われることになります。

6.4. 論理的思考が培われる

プログラミングにおいて最も重要となるのが、論理的思考能力です。プログラムの論理的な構造が破綻していると、コンピュータはこちらの思い通りに動作してくれません。プログラミング教育では、プログラミングを学ぶことによってその論理的思考の大切さに気づき、その思考を培うことが大きな目的となります。

7.プログラミング教育の課題とは

2020年からプログラミング教育が始まりますが、教育環境の整備にはまだまだ課題が残っています。特に小学校では、各クラスの担任が全教科の授業を担当することになるため、「何から教えればいいかわからない」という教員も少なくありません。また、すべての学校にパソコンやタブレットのような学習用端末が平等に用意できるのかといった懸念もあります。

8.プログラミング教育の前に準備しておくことは?

プログラミング教育の環境は基本的に学校側で整えていくため、教員や家庭側で何かを準備をする必要はほとんどありません。ただし、教育現場ではまだまだ環境整備に課題が残っているのが現状です。柔軟に対応できるよう、子どもたちと一緒に教員や親もプログラミングを学んでいく姿勢が求められるでしょう。

9.まとめ

この記事では、プログラミング教育の内容やその課題点について解説しました。

プログラミング教育はまだこれからというステータスですが、今後、第4次産業革命やグローバル化に対応できる人材を育てるために、プログラミング的思考能力は必要不可欠です。このような社会の変化に対応できるよう、今のうちにプログラミングに対する理解を深めておきましょう。

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

エンジニア向け求人特集

BACK TO TOP ∧

FOLLOW