ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

【初心者向け】JavaScriptとは? 人気の理由とメリット・デメリットについて
skill

【初心者向け】JavaScriptとは? 人気の理由とメリット・デメリットについて

2020.03.24

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラミングに興味がある人でなくても、一度は「JavaScript」という名を目にしたことがあるのではないでしょうか。

JavaScriptは、これからプログラミングを身につけようと考えている方でも比較的学びやすく、かつ非常に利用価値の高い言語でもあります。
ここでは、そのJavaScriptの特徴やメリットについて解説していきます。

目次

1.JavaScriptについて

1.1 JavaScriptとは

1.2 JavaScriptはどのような場面で使われている?

1.3 JavaScriptとJavaは違う言語?

2.JavaScriptの人気が高い理由とは

2.1 開発環境を整えるのが簡単

2.2 学習するための環境や教材が揃っている

3.JavaScriptでできること

3.1 動的Webページの作成

3.2 Webアプリの作成

3.3 サーバーサイドの開発

4.JavaScriptでの開発に向いていないものとは?

5.JavaScriptを学ぶメリットとは

5.1 多くのWebアプリの作成に対応できる

5.2 仕事の幅が広い

5.3 将来性が高い

6.JavaScriptのメリット

6.1 初心者でも学習しやすいプログラム構文

6.2 フレームワークやライブラリが充実している

6.3 フロントエンド開発でもバックエンド開発でも使える

7.JavaScriptのデメリット

7.1 処理速度が他の言語より遅い

7.2 ブラウザによって挙動が異なることがある

8.JavaScriptの学習に向いている人

9.まとめ

1.JavaScriptについて



まず、JavaScriptとはどのようなものかについて解説します。

1.1.JavaScriptとは

JavaScriptとは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語の一つです。 Webページは一般的にHTMLを用いてつくられますが、それだけでは文章や画像をそのまま表示するだけで面白みがありません。しかしJavaScriptを用いれば、ブラウザ上で画像を拡大・縮小したり、動画を再生したり、入力フォームからメッセージを送付したりするなど、ユーザーの操作に応じて内容が変わる動的なコンテンツを実装することができます。

1.2.JavaScriptはどのような場面で使われている?

JavaScriptは主にWebシステムの開発に用いられます。 例えばユーザーが見ているWebコンテンツを動的に生成したり、フォームに入力された情報をチェックしたりするなど、WebブラウザとWebサービスとのやりとりを円滑にするためのフロントエンド言語として使われています。

1.3.JavaScriptとJavaは違う言語?

名前は似ていますが、JavaScriptとJavaは全く異なるプログラミング言語です。JavaScriptは主にWebページ上でのプログラムを開発することに用いられるのに対し、Javaは業務システムやスマートフォン向けアプリなど、環境に依存しないプログラムを開発することに用いられます。また、JavaScriptはコンパイル不要ですが、Javaは実行するのにコンパイルが必要です。なお、名前が似ているのは、発表以降世界中の注目を集めたJavaの人気に便乗したためだとされています。

2.JavaScriptの人気が高い理由とは



JavaScriptは、もはやWebシステムを開発するための定番言語といっても過言ではありません。ここではその人気の秘密について紹介します。

2.1.開発環境を整えるのが簡単

JavaScriptは、開発するにあたっての環境を整えることが簡単であるという特徴があります。スタンドアロンからブラウザ上で動作するものまで様々なエディタが揃っており、すぐに利用できます。もちろん、OS標準のテキストエディタでも開発可能です。

2.2.学習するための環境や教材が揃っている

JavaScriptは世界中で利用されているため、学習環境や教材も揃っています。専門的な学校での教育や入門者向けのサイト・ブログ、最近ではオンラインでプログラミングの学習を指導するサービスも増えています。

3.JavaScriptでできること

続いて、JavaScriptによってどのようなコンテンツが開発できるのか、具体例を3つ見てみましょう。

3.1.動的Webページの作成

JavaScriptで最も一般的なのが、動的Webページの作成です。 WebページはHTMLとCSSによって表示させることができますが、ユーザーの操作に応じてそれを変化させることはできません。
しかし、JavaScriptによって動的にページを作成することで、メニューの表示やフォームの内容確認など、ユーザーの操作に応じたコンテンツを充実させることができます。

3.2.Webアプリの作成

JavaScriptではWebアプリの開発も可能です。例えば、ECサイトの検索エンジンやブラウザゲームなどがあります。なお、JavaScriptだけでWebアプリを開発することも可能ですが、一般的には「Ruby」や「Python」のような他の言語と併用されることが多いです。

3.3.サーバーサイドの開発

JavaScriptは一般的にフロントエンド言語とされていますが、サーバーサイドの開発にも利用できます。Node.jsを用いることでブラウザがなくてもJavaScriptが実行できるようになり、サーバーサイドの処理をJavaScriptで書けるようになります。フロントエンド・サーバーサイド両方で同じ言語を用いることで、開発がより効率化できるのがポイントです。

4.JavaScriptでの開発に向いていないものとは?

JavaScriptはWebブラウザ上で動作するプログラミング言語です。したがって、Webブラウザを介さないアプリケーションや業務システムなどの開発には向いていません。

5.JavaScriptを学ぶメリットとは



それでは、JavaScriptを学ぶと、どのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは3つの例を挙げ解説します。

5.1.多くのWebアプリの作成に対応できる

JavaScriptはブラウザ上での動作となるため、Webサイトへアクセスできる環境であればOSやデバイスなどの環境に依存しません。そのため、多くのWebアプリの作成に対応することができます。

5.2. 仕事の幅が広い

JavaScriptはどのようなWebアプリにも対応できるため、Web開発案件において使われることが自然と増えます。さらに、フロントサイドだけでなくサーバーサイドにも対応できるJavaScriptを学習しておくことで、請け負える仕事の幅が広くなります。

5.3.将来性が高い

JavaScriptは日々進化しており、ライブラリやフレームワーク、拡張言語などにおいて次々と新しいものがつくられています。今後もJavaScriptが発展し生産性が上がっていくことが見込まれるため、将来性の高い言語です。習得しておけば様々な現場での活躍につながります。

6.JavaScriptのメリット

実際にJavaScriptがプログラミング言語としてどのようなメリットがあるのか、具体的に解説します。

6.1.初心者でも学習しやすいプログラム構文

JavaScriptのプログラム構文はとてもシンプルです。そのため、プログラミング初心者でもわかりやすく、また世界中にユーザーがいるためコミュニティ環境が充実しており、開発者が育ちやすいというメリットもあります。

6.2.フレームワークやライブラリが充実している

JavaScriptにはフレームワークやライブラリが充実しています。これらを活用することで実装の時間を短縮することができるため、効率よく開発を進めることができます。

6.3. フロントエンド開発・バックエンド開発どちらでも使える

JavaScriptは本来フロントエンド開発の言語として使われてきました。しかし現在では、Node.jsによってバックエンド開発にも使われるようになりました。JavaScript一つでフロントエンドからバックエンドまで一括して開発できるため、管理が行いやすいというメリットがあります。

7.JavaScriptのデメリット

続いて、JavaScriptのデメリットについても見てみましょう。

7.1.処理速度が他の言語より遅い

JavaScriptは、他の言語に比べると処理速度が遅い傾向にあります。これは、JavaScriptがコンパイル不要であるが故に、実行時にプログラムの解析、解釈、変換が必要になるため、処理に時間がかかってしまうためです。

7.2.ブラウザによって挙動が異なることがある

JavaScriptはブラウザ上で動作する言語であるため、ブラウザの種類やバージョンによって挙動が異なる可能性があります。異なるブラウザでも同じように動作させるためには、それぞれの環境でテストを行う必要があるため、通常の開発テストよりも工数がかかってしまいます。

8.JavaScriptの学習に向いている人

JavaScriptはWebシステム向けの開発言語であるため、特にWebサイトやWebアプリを開発したいという人に向いている言語と言えます。JavaScriptによってWebサイトやWebアプリのユーザーエクスペリエンスが大きく変わるため、習得していればWeb開発の仕事を獲得しやすくなるでしょう。

9.まとめ

この記事では、JavaScriptの特徴について解説しました。
いまやJavaScriptはWeb開発において必須と言っても過言ではなく、エンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、JavaScriptを習得しておいて損はありません。ぜひこの記事をきっかけに、JavaScriptに対する理解を深めてください。

【初心者向け】JavaScriptとは? 人気の理由とメリット・デメリットについて

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW