ITエンジニアに必要な今を知れる情報メディア
PHPとは?言語の特徴やできること、基本的な文法について徹底解説
skill

PHPとは?言語の特徴やできること、基本的な文法について徹底解説

HTMLと並んでWebページを生成する言語として非常に知名度の高い言語であるPHP。様々なスクリプト言語の中でも歴史の長い言語ですが、なぜ今に至るまで長く支持され続けているのでしょうか。

ここでは、PHPの特徴やHTMLとの違いなどから、PHPを身につけることのメリットや基本的な文法について解説いたします。

目次

1.PHPとは

1.1 PHPの概要

1.2 PHPとHTMLの違いは?

2.PHPの特徴

2.1 動的なページが作成できる

2.2 テキストベースで開発が可能

2.3 コンパイルが必要ない

3.PHPでできることは主に2つ

3.1 HTMLを動的に表示させる

3.2 サーバーサイドでデータが扱える

4.PHPが初心者向けである理由とは?

4.1 学習環境や教材が揃っている

4.2 文法が比較的簡単である

4.3 対応するサーバーが探しやすい

5.PHPのデメリットは?

6.基本的なPHPの書き方

7.PHPの基礎的な5つの文法

7.1 変数

7.2 演算子

7.3 関数

7.4 if文・while文

7.5 for文

8.PHPエンジニアの需要や将来性

8.1 他のプログラミング言語との求人数の比較

8.2 PHPエンジニアの平均年収

8.3 今後のPHPへのニーズは?

9.まとめ

1.PHPとは

まず、PHPとはどのような言語であるのか見てみましょう。

1.1.PHPの概要

PHPとは、動的にWebページを生成できるサーバーサイドのスクリプト言語です。MySQLなどのデータベースとも相性が良く、WordPressのようなWebアプリケーションの開発言語としてよく用いられます。

また、PHPは比較的文法が簡単であるため、プログラミング初心者が学ぶ場合にも人気が高い言語です。

1.2.PHPとHTMLの違いは?

HTMLは静的にWebページを表示する一方、PHPは動的にWebページを生成します。つまり、HTMLで作成されたページはいつ誰がアクセスしても同じように表示されますが、PHPで作成されたページはブログや掲示板などのようにアクセスしたタイミング等によって表示内容が変わります。

また、PHPはHTMLファイル内に埋め込んで使うことができます。一見するとPHPとHTMLが区別しにくいように感じますが、PHP・HTMLを別々のファイルとして扱う必要がないため、慣れてくるととても便利です。

2.PHPの特徴



主にWeb開発にて使われるPHP。その特徴としては、次の3つが挙げられます。

2.1.動的なページが作成できる

PHPを利用することで、動的なページを作成できるのが第一の特徴です。例えば、お問合せフォームからメールを送信する、ECサイトにてカート内の商品の点数・金額を計算するなど、ユーザーの操作に応じた動作をページに実装できます。

2.2.テキストベースで開発が可能

PHPは、テキストベースで開発することができます。そのため、簡単なテキストエディタでPHPをプログラミングすることが可能です。また、テキストベースであるために手間がかからず、デバッグ等も簡単に行うことができます。

2.3.コンパイルが必要ない

PHPはコンパイルを必要としません。したがって管理や改修が非常におこないやすいのがポイントです。

3.PHPでできることは主に2つ

PHPでできることは、大きく分けて2つあります。それぞれについて見てみましょう。

3.1.HTMLを動的に表示させる

PHPをWebページ内に埋め込むことで、HTMLを動的に表示させることができます。例えば、ブログの記事ページにアクセスするとデータベースから記事の情報を元にページが生成されたり、閲覧している記事と関連した記事が自動で表示されたりといった処理が可能になります。

3.2.サーバーサイドでデータが扱える

PHPでは、サーバー側で処理が行われます。そのため、データベースにアクセスしてデータの取得や入力が可能。ブログなどの投稿型サイトにも利用できます。

4.PHPが初心者向けである理由とは?

次に、実際にプログラミング言語を学ぶにあたってなぜPHPが初心者向けなのかを解説します。

4.1.学習環境や教材が揃っている

PHPは約20年前からある言語なので、書籍はもちろんインターネット上にも多くの情報があります。PHP自体も無料で利用でき、低コストで学習環境を整えることができるため、プログラミング初心者には特におすすめです。

4.2.文法が比較的簡単である

PHPはシンプルな構文で文法が比較的簡単なことから、プログラミング初心者でも扱いやすい言語だとされています。

4.3.対応するサーバーが探しやすい

PHPを利用するには当然ながらPHPが対応したサーバーが必要となります。しかしPHPはかなりメジャーな言語なので、標準で対応しているサーバーがほとんど。対応していないものを見つけるほうが難しいとさえ言ってもいいほどなので、対応サーバーを探すのに苦労はありません。

5.PHPのデメリットは?

PHPは記述の自由度が高いとされていますが、それがデメリットであるともいえます。なぜなら、人によって書き方にバラつきが生じる可能性があり、保守性が低下するリスクがあるからです。

そのため、チームで管理するにはコーディングに関するルールを決める必要があります。また、スクリプト言語は処理が遅い傾向にあります。PHPの処理が特別遅いというわけではありませんが、コンパイラ言語に比べると処理速度は遅くなりがちです。

6.基本的なPHPの書き方

PHPはHTML内に直接書き込みます。そのため、どこからどこまでがPHPの記述であるかを明確にするために、HTML内にてPHP開始タグ『<php』と終了タグ『?>』を記述します。この開始タグと終了タグの中にPHPのプログラムを書いていくことになります。なお、開始タグ・終了タグの前後は改行しても問題ありません。
また、HTMLと異なり、PHPではコードの最後に文末を示すセミコロンを記述しなければならないので注意しましょう。

7.PHPの基礎的な5つの文法

それでは次に、PHPの基本的な5つの文法について見てみましょう。

7.1.変数

PHPでは、変数の名称において必ず『$(ドル記号)』を先頭に付けます。続いて、文字か『_(アンダースコア)』から始まり、文字・数字・アンダースコアを用いて名称を記述します。なお、大文字・小文字は区別される点に注意が必要です。例えば、『$NUM』と『$num』は別の変数として扱われます。

7.2.演算子

PHPの演算子は、他のプログラミング言語と同じように、四則演算や余りの値を返す『%(剰余)』、変数の値に1加える『++(インクリメント)』、変数の値に1を引く『--(デクリメント)』が使えます。
その他、以下のような連結演算子、比較演算子、論理演算子も使用できます。





種類 記述 意味
連結演算子 値を結合する
比較演算子 == 等しい
=== 等しい(厳密)
!= 異なる
!== 異なる(厳密)
<> 異なる
大きい
>= 以上
小さい
<= 以下
論理演算子 && かつ(and)
|| または(or)
でない(not)

7.3.関数

関数とは、何らかの処理を一つにまとめたものです。繰り返し使われる処理を関数として書き出しておくことで、同じ記述を繰り返す必要がなくなり、コードがシンプルになります。それによって管理がしやすくなるだけでなく、プログラム自体も軽くなります。なお、ビルトイン関数と呼ばれるPHPにあらかじめ用意された関数もあるので、うまく使いこなせれば開発効率がグッとあがるでしょう。

7.4.if文・while文

if文、while文は、指定した条件によって動作が変わる文法です。if文では指定した条件が正である場合・負である場合いずれかの処理を行い、while文では指定した条件が正である限りwhile文内の処理をループし続けます。

7.5.for文

for文は、指定した回数だけ同じ処理を繰り返す文法です。カウンタと呼ばれるループ処理を制御する変数が指定した値に達するまでfor文内の処理を実行しつづけます。

8.PHPエンジニアの需要や将来性

PHPはWeb開発において特にニーズの高まる言語ですが、市場における需要や将来性についてはどうなのでしょうか。

8.1.他のプログラミング言語との求人数の比較

求人サイトにおいて、PHPの新規求人案件数は常に上位にランクインしています。他の言語と比較すると求人数や案件数が安定しているので、今後も需要は減ることはないでしょう。

8.2.PHPエンジニアの平均年収

PHPエンジニアの年収は、エンジニアとしては平均的な額です。安定した求人需要はありますが、エンジニア人口も多いためPythonなどの言語に比べると若干低い傾向にあります。

8.3.今後のPHPへのニーズは?

PHPへのニーズは、今後も安定して高いといえるでしょう。なぜなら、小さなWebサイトからYahoo!、Facebookのような大規模なシステムまで、様々なサイトがPHPで作られているからです。

さらに、CMSの中でも人気の高いWordpressもPHPで作られているうえ、SNSやECサイトなど多様なアプリ開発にも利用できるため、将来性が高い言語と言えます。

9.まとめ

今回はPHPの特徴や基本文法、将来性について解説しました。

PHPは歴史が長い言語でありながら、まだまだ需要の高い言語でもあります。エンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、ぜひPHPについて理解を深めてみましょう。

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

エンジニア向け求人特集

BACK TO TOP ∧

FOLLOW