ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

東北大、「データ駆動科学・AI教育研究センター」設立 – AI人材を育成
news

東北大、「データ駆動科学・AI教育研究センター」設立 – AI人材を育成

2019.11.11

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東北大学はこのほど、学内共同教育研究施設等として「データ駆動科学・AI教育研究センター」を設立したと発表しました。データ駆動型社会の到来により、データ科学及びAIの活用を担う人材不足が深刻化している中、変革の時代を先導するAI人材の育成を目指します。

【関連記事】「AIの軽量化に挑む、フロントエンドでの機械学習の魅力とは!?--ストックマークエンジニアインタビュー(1)」

データ駆動型社会とは、「インターネット等から収集される多様で膨大なデータを背景に、社会経済活動の全般においてサイバー空間と実世界とが密に連合しながら、課題の解決と新たな価値の創造が進められる社会」のことをいいます。

新センターでは、数理・データ科学及びAI分野の高度な教育研究を通じて、データ駆動型の社会を牽引する人材を育成します。センター内には、「データ科学教育研究部門」「AI教育研究部門」「デジタル教育研究部門」「データ基盤・セキュリティ教育研究部門」「基盤技術部門」の5部門を設置し、全学横断的な教育プログラムの構築と実施にあたります。



(「データ駆動科学・AI教育研究センター」概要(出典:東北大学Webサイト))

新センターを中心に、リテラシレベルから、専門家、トップリーダー育成へと繋がる先進的で優れたカリキュラムとコンテンツを開発・提供することで、「データ科学・AI分野の基本知識・スキルを実践的に体得させる教育の実現を目指す」としています。

【出典】東北大、「データ駆動科学・AI教育研究センター」を設立

東北大、「データ駆動科学・AI教育研究センター」設立 – AI人材を育成

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW