ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

ドコモ、自分のリアルなアバターを作れるアプリ「ポケットアバター」を試験提供
news

ドコモ、自分のリアルなアバターを作れるアプリ「ポケットアバター」を試験提供

2019.11.11

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTドコモ(以下ドコモ)はこのほど、自身のリアルなアバターを作成できるアプリ「ポケットアバター」のトライアル提供を開始しました。トライアル期間は2020年3月31日(予定)まで。対応機種は、Android OS6.0以上、iOS11以上。トライアル期間中の料金は無料。

従来のアバターはイラストのような表現が多かったのですが、「ポケットアバター」では、撮影ボックス内で40個のカメラを使って約0.5秒で全身を撮影し、自身のリアルなアバターを手軽に作成できます。



(アバター(出典:NTTドコモWebサイト))

作成したアバターは、専用のアプリを使って「飛ぶ」「回転する」といったモーションを付けることができます。この動きはGIFや動画ファイルとして保存することが可能で、LINEやInstagram、twitterなどのSNSに投稿できます。また「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開催に合わせて、自身のアバターがラグビー選手たちと一緒にプレーする動画を期間限定で作成できます。



(アバター作成までの手順(出典:NTTドコモWebサイト))



(ラグビー選手たちと一緒にプレーする動画のイメージ(出典:NTTドコモWebサイト))

ドコモはトライアルの結果を踏まえ、2020年4月のサービス開始を計画。またゲームなどのエンタメ領域や、遠隔会議などのコミュニケーション領域、アパレルなどのコマース領域などにも展開を検討し、将来的にはXRコンテンツの一つとして提供できるようにする予定です。

撮影ボックス設置場所

・2019年10月10日~12月31日:東京ソラマチ5F「PLAY 5G 明日をあそべ」エリア(東京都墨田区)
・10月19日、20日、11月1日:ラグビーワールドカップ2019 東京スタジアム スペクテータープラザ(東京都調布市) ※チケット購入者のみ入場可能



(撮影ボックス(出典:NTTドコモWebサイト))

なお、サービスサイトではイベントなどでの撮影ボックス設置の要望も受け付けています。
【出典】NTTドコモ、自分のリアルなアバター作成アプリ「ポケットアバター」のトライアル提供を開始

ドコモ、自分のリアルなアバターを作れるアプリ「ポケットアバター」を試験提供

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW