ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

SBドライブ、
news

SBドライブ、"ハンドルがない自律走行バス"の実証実験を長崎県対馬市公道で実施

2019.08.02

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBドライブは8月3~4日、対馬市および学校法人明治大学と共同で、ハンドルがない自律走行バス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」(仏Navya社製)の実証実験を長崎県対馬市の公道で実施します。

今回の実証実験は、「対馬厳原港まつり」の開催に合わせて行われるもので、来場者に厳原地方合同庁舎と祭り会場間(往復約700m)の移動に利用してもらい、自律走行バスの社会受容性の拡大や実用化に向けた課題の整理などに取り組みます。乗車料金は無料です。

実証実験では、SBドライブが開発中の自動運転バス運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を使用し、遠隔地からバスの運行を管理します。また訓練を受けた運転手(同社社員)と、運転手を補助する保安要員が車両に乗車し、緊急時は手動運転に切り替えるほか、不測の事態に備えるなどの安全措置を取ります。



(ハンドルがない自律走行バス「NAVYA ARMA」(出典:SBドライブWebサイト))

「NAVYA ARMA」は、自動運転を前提に設計されたハンドルがない自律走行バス。GPSなどで自車位置を測定し、3D LiDAR(レーザースキャナー)などで障害物を検知して、前もって設定したルートを低速で自律走行することが可能で、走行速度や車両に設置されたセンサーによる障害物の検知範囲などを、同社が走行環境に合わせて設定します。

同社は、公道での走行実証を目的に「NAVYA ARMA」を改造し、道路運送車両の保安基準第55条による基準緩和認定を受け、2019年6月にナンバーを取得しています。一般車両の進入を制限した専用空間ではない公道を走行するのは、九州地方では初となります。

SBドライブ、

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW