ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

「エンジニアあるある」第15回あまり健康には興味はないけど、AppleWatchを買ったらジョギングを始める。
lifehack

「エンジニアあるある」第15回
あまり健康には興味はないけど、AppleWatchを買ったらジョギングを始める。

2019.02.25

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアの方の”あるかもしれない”日常風景をデフォルメしてコメディタッチに描く本連載「エンジニアあるある」。さて、今回はどんな風景なのでしょうか...

☆☆☆☆☆☆

エンジニアは不健康だというイメージを抱いている人もいるかもしれませんが、確かに、なかには20代なのにすでに生活習慣病を抱えているエンジニアもいます。一方、超健康なエンジニアもいます。クロスバイクで通勤し、朝からジョギングをし、週末にはジムに通う。そういう人もいます。

このような健康エンジニアは、2015年の春ごろから急に増えました。この時期にAppleWatchが発売されたからです。AppleWatchを手につけると、ジョギングやウォーキング、スイミングなどのデータを自動記録することができ、最新のAppleWatchでは心拍数なども記録できるようになりました。健康に関心があるというよりも、デバイスを使ってみたくてジョギングを始めたような人も多いのです。

エンジニアは多くの趣味がデバイスから入ります。カーナビが登場した時は、ドライブ好きの人が増えました。気圧や高度計が内蔵された腕時計が登場した時は、キャンプや登山好きの人が増えました。ハンディのGPSトラッカーが登場した時は、サイクリングやトレッキング好きの人が増えました。

もし、エンジニアを趣味の仲間に誘いたいのであれば、その趣味の面白さを語るより、関連するデジタルデバイスを紹介してあげてください。クライミングであればセルフィー撮影可能なドローン、料理であればスマホからプログラミング可能なIHクッキングヒーターなどです。エンジニアはそっち方面から興味を持つことが多いのです。



(イラスト:ConChan)

-----------------------------------------------------------------------------

※「エンジニアあるある」バックナンバーは以下からご覧ください。

-----------------------------------------------------------------------------

「エンジニアあるある」第15回あまり健康には興味はないけど、AppleWatchを買ったらジョギングを始める。

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW