ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

2018年、求人が急増する?!データサイエンティストとは
news

2018年、求人が急増する?!データサイエンティストとは

2018.06.21

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データサイエンティストという職種が注目を集めているのをご存じでしょうか。ビッグデータやAIなど、話題のキーワードの中心的な存在であるデータサイエンティストへの需要は今後ますます高まるといわれています。

Misa

なぜデータサイエンティストが注目されているのか

「データサイエンティスト」は、現在のアメリカでもっとも給料が高い職種のひとつといわれています。端的に表現すると、データサイエンティストは「データから新しい価値を創造する仕事」ですが、ビッグデータ活用がトレンドになったことで注目を浴びるようになりました。2016年、アメリカ最大級の出会いサイト「OkCupid」を運営するクリスチャン・ラダー氏が著した『ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす ビッグデータの残酷な現実』(参考:https://goo.gl/fhWVz6)という書籍が日本でも話題になりました。この本は「OkCupid」の特長であるアルゴリズムによるマッチング機能を通して集積されたビッグデータから、恋愛観や嗜好などを読み解いたものです。その結果、ビッグデータの可能性が周知され、ビッグデータを扱うデータサイエンティストの仕事にも光があたりました。

データサイエンティストってどんな仕事?

データサイエンティストの仕事は、不完全かつ膨大なデータを構造化して整理して、データに意味を与え、活用することです。これだけではピンとこないかもしれませんが、ビッグデータを分析し、その傾向を把握することで、消費者の購買・行動履歴や属性から利用者個々のニーズにマッチするサービスの提供や業務の効率化のほか、交通情報や気象情報などのセンシング情報から異変の察知や予測などが可能になります。客観的なデータから戦略立案や予測ができるメリットは大きく、それを実現するデータサイエンティストへの需要が高まり、経営幹部になりえる人材としても注目されています。データサイエンティストは、業務上の課題を解決することが中心だったITエンジニアの役割からさらに踏みこみ、新しい価値を創造する仕事なのです。

データサイエンティストに求められるスキル

データベースエンジニアの役割がデータベースを構築・運用であるのに対し、膨大なデータから必要な結果を導き出すためのデータ分析の手法を考え出すことがデータサイエンティストの役割です。そのため、ビジネスへの深い理解と論理的な思考力が求められます。さらに、データサイエンティストが手掛ける高度な分析を必要とするのは経営層が中心であることから、そういった層に説得力ある説明ができるプレゼンテーション能力や資料作成のスキルも必要です。テクニカルな面ではこんなスキルがあげられます。

・大規模データ処理に関する知識
ビッグデータは従来のデータベースでは処理できない規模の大規模なデータの集合体であるため、従来のデータベースを超えた大規模データ処理に関する知識は必須です。ビッグデータの分析には必要なAIを活用するための機械学習、ディープラーニングなどの技術もデータベースと並んでデータサイエンティストのコアスキルのひとつといってよいでしょう。

・データ分析手法の理解
データ分析には統計処理やデータマイニング手法が用いられており、データ分析の共通語である統計学、数学の知識が必要です。確率・統計、微分積分、行列の知識に加え、解析学、線形代数学などを習得していることが望ましいです。

ビジネス、IT、統計分析などの複合的なスキルが求められるデータサイエンティストは、データベースやAIなどをコアスキルとして、ITエンジニアからキャリアアップした方だけでなく、経営企画をベースとしたコンサルタントやマーケティングリサーチ出身者、統計解析スキルをコアスキルとする研究職など、ほかの職種と比較しても多様なバックグラウンドを持った方が活躍されています。

2018年、データサイエンティストの求人が
急増する!?

ビッグデータとAIはすでに多くの分野に普及し、これからますます広がっていくでしょう。それに比例して、ビジネスとビッグデータを結びつけるデータサイエンティストの求人が加速することは間違いありません。統計学や数学を専攻していない文系出身者でも、自分のキャリアをベースに必要な知識やスキルを身につけていくことで、データサイエンティストをめざすことはできます。
一般社団法人データサイエンティスト協会(http://www.datascientist.or.jp/)では、データサイエンティストに必要となるスキル・知識を定義したスキルチェック(https://www.atpress.ne.jp/news/117647)を公開しています。興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

原稿:Misa
ITベンチャーで企画、人材開発、広報などを経て独立。現在はコンサルタント、ときどきライター。ライターとしては、IT系以外、アニメ・マンガ、車から美容・健康まで何でもチャレンジ中。

2018年、求人が急増する?!データサイエンティストとは

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW