ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

スキルアップにも! ITエンジニアにおすすめの自己投資
skill

スキルアップにも! ITエンジニアにおすすめの自己投資

2017.10.26

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人として、ビジネスパーソンとしてのスキルアップや自分磨きのために、自己投資をすることも必要です。スキルアップにもつながる、ITエンジニアにおすすめの自己投資をご紹介します。

Misa

ITエンジニアはどんな勉強にお金を使っているのか

ITエンジニアを対象としたある調査によると、6割以上の人が1週間に5時間以上(月20時間以上)を、趣味のプログラミング、勉強にあてているそうです。勉強にかける時間に差異があるとしても、ITエンジニアという仕事には、新技術や業務知識の習得などのための自己研鑽は必須です。
そのため、自己投資としては、技術書の購入や勉強会・カンファレンスの参加費用、各種スクールの受講費用などが主流となっています。

ITエンジニアにおすすめの資格取得・語学習得

資格取得は業務の範囲を広げたり、昇格や転職が有利になったりする可能性もあり、メリットの大きい自己投資といえます。IT系のほかに、簿記などの会計系の資格は業務知識として役立つだけでなく、独立や起業を考える場合にも身につけておいて損のない知識です。

ITエンジニアにおすすめの資格の一例

概要 検定料・受験費用(税込)
基本情報処理技術者試験 ITエンジニアとしての基本的知識の裏づけとなる資格
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html
5,700円
応用情報処理技術者試験 より応用的な知識を問う内容であり、実務に役立つ、キャリアアップにつながると定評のある資格
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/ap.html
5,700円
情報セキュリティマネジメント試験 情報セキュリティリーダとして、情報セキュリティ構築や運用に携わる人材を対象とした資格
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sg.html
5,700円
Oracle Master(Bronze、Silver、Gold、Platinum) Oracle データベースのエキスパートとして、オラクル社が認定する世界共通の資格。製品のバージョンごとに取得(資格により費用が異なる)
http://www.oracle.com/jp/education/certification/index-172250-ja.html
オンライン試験用受験チケット14,688円
会場試験用チケット28,728円
Cisco (CCNAなど) ネットワーク機器メーカーのグローバル企業「シスコシステムズ」社の技術者認定。ネットワーク分野のプロフェッショナルレベルの知識の証となる(資格や項目の組み合わせにより費用が異なる)
http://www.cisco.com/c/ja_jp/training-events/training-certifications/certifications.html
CCNA:42,120円
日商簿記 簿記の基本用語や複式簿記の仕組みレベルから、公認会計士、税理士などの登竜門となる内容まで。
https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping
1級:7,710円
2級:4,630円
3級:2,570円
TOEIC 英語コミュニケーション能力に関する世界共通の評価基準。留学時の条件や企業の採用基準として利用される場合も(試験科目により費用が異なる)
http://www.iibc-global.org/toeic.html
TOEIC Listening&Reading Test: 5,725円

※2017年7月現在

語学の習得は外資系企業での勤務や海外オフショアのブリッジSEなどの仕事で役立つほか、社内で英語を公用語にする国内企業でも増えているので、おすすめです。汎用性では、やはり英語ですが、中国語やフランス語、ドイツ語なども需要は確実にありますので、習得できれば、さらなる強みになるでしょう。
大手の英会話スクールでは、1時間のレッスンで1,500円程度が料金の相場ですが、キャンペーンやチケット購入などでは1,000円を切る場合もあるようです。マンツーマンレッスンは少し割高の2,000円~3,000円で、人気の講師はさらに高くなるようです。
また、Skypeなどを利用してレッスンを受けるオンライン英会話では、さらにリーズナブルに、月額2,000円台(1日1レッスン)という格安のサービスもあります。

技能や知識を身につけるための投資のほかに、自宅学習のための環境を充実させるなどの設備投資も考えられます。新しいハードウェアやソフトウェア、ITサービスをいち早く知っておくことで、次世代開発に携わるチャンスにつながる可能性もあります。

スキルアップ以外にも大切なこと

ITエンジニアといえども、ビジネスパーソンであることには変わりないので、必要とされるのは技術や専門知識だけではありません。社会常識や一般教養を身につけることや、社会情勢や経済などの日常的な情報収集も欠かすことはできません。そして、健康維持も同じように大切なもののひとつです。

原稿: Misa
ITベンチャーで企画、人材開発、広報などを経て独立。現在はコンサルタント、ときどきライター。
ライターとしては、IT系以外、アニメ・マンガ、車から美容・健康まで何でもチャレンジ中。

スキルアップにも! ITエンジニアにおすすめの自己投資

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW