ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

若手エンジニアが抱えるストレス!会社支給のPCが苦手!?
lifehack

若手エンジニアが抱えるストレス!会社支給のPCが苦手!?

2017.09.05

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場に新入社員が配属される季節。育ってきた環境が違う世代がコミュニケーションをとるのはそれなりに難しさがあるものです。実は、デジタルネイティブ世代の若手エンジニアは、意外なストレスを抱えている可能性があるのです。

Misa

会社支給のPCが若手エンジニアのストレスになる?

学校や家庭でパソコンに親しんで育った世代の若手エンジニアは、意外にも会社から支給されたパソコンやスマートデバイスに馴染めていない、という可能性があります。会社から支給された以上、使いこなさなければ仕事にならず、自分が努力する以外の解決策はないと考えて、上司や先輩には相談しづらいということもあるようです。

デジタルネイティブ世代とは

デジタルネイティブ世代という言葉をご存じでしょうか。日本では1980年以降の生まれの、学生時代からインターネットやパソコンがある環境で育った世代を指します。

デジタルネイティブ世代は、ITツールがライフスタイルに深く結びついているため、パソコンやスマートデバイス、アプリなどへの個々のこだわりが強い傾向があると言われています。
そのため、会社から支給されたものと、生活の中で慣れ親しんできたものへのギャップに、より大きなストレスを感じる場合があるようです。また、スマートフォンやタブレット中心で利用しているために、キーボードのタイピングが苦手な人も多いそうです。

ITツールに関する感性が鋭敏で、新しいものへの心理的障壁が低いために、ITツールを使いこなす能力が高い半面、完成度の高い便利さに慣れすぎていて、プロセスを構造的に理解することや分析することが苦手であるという指摘もあります。

世代間ギャップをどう埋めるか

いかがですか?身近な若手エンジニアに思い当たる部分はありましたか?会社の支給品ですから最終的には慣れるしかないとは言っても、頭ごなしの言い方はできるだけ避けて、支給されたITツールの利点や業務上の必然性などをわかりやすく説明してみるのも一つの方法だと思います。
そして、パソコンやソフトウェアの入れ替えや新規購入などの機会があったら、デジタルネイティブ世代のITツールに対する感性や情報収集力を活用してみてはいかがでしょうか。

原稿:Misa
ITベンチャーで企画、人材開発、広報などを経て独立。現在はコンサルタント、ときどきライター。
ライターとしては、IT系以外、アニメ・マンガ、車から美容・健康まで何でもチャレンジ中。

若手エンジニアが抱えるストレス!会社支給のPCが苦手!?

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW