ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

イクメンSEも増加中? 男性の育児休業を社会はどう受けとめるのか
lifehack

イクメンSEも増加中? 男性の育児休業を社会はどう受けとめるのか

2017.06.05

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てに積極的に取り組む男性を「イクメン」と呼ぶのはご存じですよね。最近では業界を問わず、育児休暇を取得する男性が増えていますが、もちろんIT業界にもイクメンは存在します。今回は男性の育児休業について解説します。

Misa

IT業界はイクメンに理解がある?

2014年度の厚生労働省発表の統計資料によると、情報通信業における男性の育児休業取得率は2.96%でした。これは全業種の平均2.3%を上回り、かつ業種別のランクでも5位に入っています。激務と言われるIT業界ですが、育児休業には、比較的理解があると言ってよいかもしれません。

男性の育児休業取得率はこの10年間でほぼ4倍に伸びていますが、2015年度の雇用統計調査では2.65%と、女性の81.5%とは比較になりません。しかも、男性の育児休業取得は1週間以内の短期が中心であり、男性の育児休業が社会的に定着しているとはお世辞にも言えないのが実情です。それでも、男性の育児休業が徐々に増加しているのに対し、女性の育児休業期間が短くなっていく傾向があります。希望的観測ですが、背景には配偶者である男性の協力があるのかもしれません。

イクメンならぬ“イクボス”も

そんな中で、イクメンならぬ“イクボス”として有名なのが、サイボウズ株式会社代表取締役の青野慶久氏です。青野社長は3人の子を持つ父親で、初めは2週間の育児休業取得に始まり、今では週一日を育児にあてているという育児休業を活用した子育てをされています。青野社長自身は、イクメンという言葉から想像される「育児を楽しみたい」という感覚ではなく、仕方なくやっているそうですが、自らがワークスタイルを変えることで、経営者としても得るものがあったことを認めていらっしゃいます。

男性の育児休業の課題「パタニティハラスメント」

男性の育児休業取得は、2011年に2.63%と前年から倍増したのですが、翌2012年には1.89%と後退しています。2015年で2.65%とようやく、2011年の水準に戻ってきました。
男性の育児休業が失速した原因には「パタニティハラスメント」と言われる、男性の育児休業取得に対するいやがらせや拒絶反応があります。会社として育児を支援する制度を設け、奨励したとしても、直属の上司や部署が男性の育児休業取得に否定的で理解を得られない場合もあり、社会や企業全体で、価値観を変えていかなければならない課題となっています。

イクメンを支援する制度

男性の育児休業を支援する制度も用意されています。受給の条件等の詳細は厚生労働省のホームページなどで確認できます。

育児休業給付金【個人向け】

イクメンだけが対象ではありませんが、育児休業期間中、雇用保険から経済的な支援をしてくれるのが育児休業給付金です。子供が1歳になるまでの期間は(特別な理由がある場合は最長1歳6ヵ月まで)、育児休業開始から180日目までは月給の67%、181日目以降は月給の50%が受給できます。

パパ・ママ育児休業プラス【個人向け】

男性の育児休業を促進する目的でスタートした制度です。両親ともに育児休業を取得する場合、従来は1年だった育児休業期間を2ヵ月間延長することができるというもので、事実婚も対象となります

出生時両立支援助成金【法人向け】

2020年までの時限措置として設けられたイクメンを支援する事業者を支援する助成金です。男性の育児休業を受け容れる職場環境づくり(制度や教育など)に取り組んだ事業者を対象としたもので、男性の育児休業取得者が出た際に給付金が支給されます。

“イクメン”が死語になる日は来るか

「仕事と家庭の両立」は、女性だけのテーマではありません。前述の青野社長は、あるインタビューで「時代的に男性も子育ても家庭のこともやらないといけないということがわかったのでやっている」と語っておられますが、本当は仕事だけに集中したいそうです。家庭内で自分が果たすべき責任を受けとめて、仕事と同じ価値観で育児に取り組まれている訳です。こういった考え方が全世代に浸透し、男性が育児をするのが当たり前になると、「イクメン」という言葉は、やがて死語になるでしょう。その時こそ、ワーク・ライフ・バランスの実現が見えてくるのではないでしょうか。

原稿:Misa
ITベンチャーで企画、人材開発、広報などを経て独立。現在はコンサルタント、ときどきライター。
ライターとしては、IT系以外、アニメ・マンガ、車から美容・健康まで何でもチャレンジ中。

イクメンSEも増加中? 男性の育児休業を社会はどう受けとめるのか

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW