ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

やってて良かった!女性SEのいいところ
lifehack

やってて良かった!女性SEのいいところ

2017.03.28

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事がキツい、出産や育児と両立できない……といったマイナスのイメージが強い女性SE職。しかし、意外といいところもたくさんあるんですよ!そこで今回は、自分が「やってて良かった!」と感じる女性SEのメリットをいくつかご紹介していきます。

河村真里

男性と同じように評価してもらえる

性別によって業務内容や出世のしやすさが異なる業界もありますが、SEの場合は仕事さえできれば、男女関係なく評価してもらえる傾向が強いです。実際、プロジェクトの中心として活躍している女性を何人も見かけました。その分、女性だからといって配慮してもらえることもないため、男性と同じような働き方を求められます。男性と同じくらいバリバリ働きたい!という女性にはぴったりの職種だといえるでしょう。

給料が高い

SEは、事務職やアパレル業界、福祉業界などよりも給料が高いことが多いです。新入社員の基本給は18万~20万程度とあまり変わりませんが、SEの場合は残業をすることも多いので、1年目でも月給手取り25万円程度になることも。さらに、30代になると35万~40万程度になることが多い傾向にあります。ほかの業種・職種では昇給しにくいことも多いため、勤続年数が上がるほど給料の差が開くことになります。またSEの場合は手に職があるので、給料アップを目指した転職もしやすいですよ。

人間関係が楽

女性の多い職場では、会社での人間関係に悩んでいる方も多いようですね。例えば、昼食は女子社員みんなで集まって食べなければいけない、陰口が多い、社内いじめがある、などの声をよく聞きます。しかしIT企業の場合は男性が多いので、女性特有の人間関係が少なく、かなり楽なのです。また比較的女性が多い現場でも、サバサバとした性格の人や個人主義の人が多いため、人間関係の悩みはほとんど聞きません。そもそもSEは自分の仕事で忙しく、他人にかまっている暇がないのだと思います。ただしトラブルが起きにくい分、関係が希薄になりがちなので、職場でも密な人間関係を築きたい!と思っている方にはちょっと物足りないかもしれません。

女性SEのいいところを3つ挙げてみましたが、いかがでしたか?多少残業があってもしっかりお金を稼ぎたい、職場の人間関係はとにかく面倒くさくない方がいい、という女性にはぴったりの仕事だと思います。現在は女性にあまり人気のない仕事ですが、これらの条件に当てはまった方は、ぜひSEという仕事を検討してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用することで、求人票からは見えてこない企業の内情を知ることができます。失敗しないSEへの転職を希望される場合は、ぜひ転職エージェントを利用しましょう!

原稿:河村真里
SEとして勤務後、ライターに転身。何でも手を出したくなる雑食系。
IT関連情報のほか、旅行、グルメ、インテリアなど幅広いジャンルを執筆しています。

やってて良かった!女性SEのいいところ

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW