ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

どう乗り越える?女性SEの職場の不満とその対処法
lifehack

どう乗り越える?女性SEの職場の不満とその対処法

2017.03.06

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEという職業は好きだけれど、現場環境には不満がある!と思っている女性SEも多いのではないでしょうか。そこで今回は、女性SEが抱えがちな職場の不満と、その対処法を考えてみました。

河村真里

お酒が入るとセクハラが……

男性の多いIT業界。プロジェクト内の飲み会では女性が1人ということもかなり多く、プライベートなことまでしつこく聞かれたり、ボディタッチをされたりすることも……。仕事中は真面目なのに、お酒が入ると急に距離が近くなる男性SEも多いようです。また、止めてくれるほかの女性社員がいないのも難点ですね。
そのため、セクハラを受けた場合は「やめてください」と自分ではっきり伝えることが大切です。我慢していると相手に「嫌じゃないのかな?」と思われ、エスカレートしてしまう可能性があります。また普段女性との交流が少ない分、どこまで踏み込んで良いのか分からない男性SEも少なくないよう。女性同士のように雰囲気では伝わらないので、自分で明確に意思表示をしましょう。

雑用は女性の仕事

お茶くみや書類の整理などの雑用は、女性SEに押し付けられがちなようです。誰でもできる仕事なのになぜ私だけ!?と不満に思っている女性SEをよく見かけます。また男性SEは黙々と自分の仕事のみを行うタイプが多いので、「手伝おうか?」と声を掛けてくれることも少ないんですよね。
ただし、「これをいつまでにやってほしい」とこちらから依頼すると、意外と引き受けてくれる男性が多いと思います。周囲の雰囲気を見て自主的に手伝うのは苦手ですが、自分のタスクとして振り分けられたら、しっかり作業するタイプが多いようです。先ほどと同じように、はっきりと自分の意思を伝えることが大切ですね。

女性特有の悩みを相談できない

IT業界では現場にほかの女性がいないことも多く、妊娠・出産をしてからの働き方などを相談することができません。そのため自分の将来像が全くイメージできない、と感じている女性SEが多いようです。
そこでおすすめなのが、女性SEをターゲットにしたセミナーや交流会への参加です。社内には女性がほとんどいないかもしれませんが、社外にまで視野を広げれば、かなり大勢の女性SEが見つかるはず。今後のキャリアプランの参考になる話を、たくさん聞くことができるでしょう。また社外で情報を集め、より女性SEが働きやすい会社へ転職するのも良いですね。

女性SEが抱えがちな不満とその対処法を考えてみましたが、いかがでしたか?SEだからしょうがないとあきらめるのではなく、より良い職場環境になるよう積極的に行動することが大切です。女性にありがちな「察してほしい」はやめて、自分の意思をはっきりと表現するようにしましょう。また、女性SE同士の繋がりが欲しい場合は、社外のイベントへ足を運ぶのがおすすめですよ。

原稿:河村真里
SEとして勤務後、ライターに転身。何でも手を出したくなる雑食系。
IT関連情報のほか、旅行、グルメ、インテリアなど幅広いジャンルを執筆しています。

どう乗り越える?女性SEの職場の不満とその対処法

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW