ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

オフィスでの食事にこれをプラス! 手軽にできる栄養補給
trend

オフィスでの食事にこれをプラス! 手軽にできる栄養補給

2017.02.06

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく多忙なエンジニアの日常。毎日をはつらつと過ごすためには、1日3食しっかり栄養をとるのが理想ですが、なかなかそうもいきません。特にエンジニアはPCへ向き合っている時間が長いですよね。忙しいときにはついつい手短にとれる食事になりがちです。
そこで、いつもの食事を少しでもヘルシーにするにはどうしたらいいか、少しでも栄養価を高める方法はないか、栄養士の私が解説します。

藤岡智子

昼食に多いメニューは、ラーメン?コンビニ弁当?

短時間でささっと食べられるメニューとしては、ラーメン、どんぶりもの、カレー、麺類、コンビニで買うお弁当などが考えられます。このようなメニューはカロリーが高く、炭水化物、脂質、塩分が多いのが特徴です。逆に、不足しているのは、野菜、特に食物繊維です。まず、このことは覚えておきたいですね。
可能であれば、単品で食べるよりも、サラダや野菜を使ったお惣菜を足してみましょう。主食、主菜、副菜、汁物が揃った、定食スタイルに近づけるのがポイント。食物繊維が多い食品は、ひじき、ゴボウ、いんげん、おからなどです。最近は、このような食材を使ったお総菜も手軽にコンビニなどでも販売していますので、チェックしてみてください。
また、コンビニ弁当で揚げ物を食べることも多いと思いますが、衣が厚いものの方が油を吸収しやすいので、パン粉をつけて揚げたフライよりも、から揚げなどを選ぶ方が若干ですが、カロリーダウンできます。
残業時など小腹が空いたときに、ついおにぎりや菓子パンなどに手が伸びがちですが、カロリー、糖質が高いのがネック。そんな時は豆類、玄米がおすすめです。食物繊維が多く、消化吸収に時間がかかるので腹持ちがよく、しかもローカロリーです。

「こんな時はこれ!」シーン別、おすすめフード

体調管理の手助けとなるような食品をご紹介します。心にとめていただき、ぜひ日々の食事に生かしてくださいね。

ストレスを感じる

ストレスの原因は、疲労、睡眠不足、心労などが考えられます。ティーブレイクの際には、抗酸化作用のあるココアがおすすめです。また、必須アミノ酸であるトリプトファンはイライラを解消し、精神の安定をもたらします。トリプトファンが多い食品は、ヨーグルトやチーズです。おかずとしてならストレス解消に役立つ、ミネラルが豊富なほうれん草を使った胡麻和えも効果的です。

風邪気味のとき

風邪はひき始めの段階で、対処したいですよね。植物性たんぱく質で栄養価の高い豆腐、効率よくエネルギーが補給でき、食物繊維の多いバナナ、カルシウムが豊富で吸収率のよい牛乳をとり入れてください。また、ビタミンCの補給も大切です。野菜の中でもビタミンCの含有量の高いブロッコリーもぜひ。体を温めるショウガは、細かくするほど効果を発揮します。おろしショウガ、ショウガ湯がおすすめです。カップスープにチューブのしょうがをプラス、なんてのもいいですね。

寝不足のとき

寝不足による疲労を回復するためには、クエン酸が豊富な酢の物、梅干し、みかんなどを食べましょう。スタミナアップにもつながるタマネギもおすすめ。サラダ、スープとしてとりたいですね。鉄分が多く、疲労軽減を助けるオルニチンも豊富なシジミの味噌汁もぜひ。

集中力に欠けるとき

脳の働きを活性化させる、糖質をとるのがポイントです。オリゴ糖を含む大豆は良質のタンパク質もとれ、ローカロリーなのがうれしい点です。煮豆や豆乳として、いただきたいですね。いつもの食事にポテトサラダ、さつまいもの煮物なども足してみてもいいかもしれません。

まとめ

今回、紹介した食品はどこでも手に入るものばかり。食事を考えるときのヒントにして、健康的な食生活を心がけてくださいね。

原稿:藤岡智子
食分野を得意とするライター。学生時代は食物栄養を学び、栄養士免許を取得。レストラン・カフェ、食関連施設などの取材多数。メニューの開発・調理も手がける。

オフィスでの食事にこれをプラス! 手軽にできる栄養補給

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW