ITエンジニアのための勉強会・イベントレポート情報メディア

いつものお昼にアレンジを。カップラーメンは本当に別の味に変わるのか、試してみた!
trend

いつものお昼にアレンジを。カップラーメンは本当に別の味に変わるのか、試してみた!

2016.12.22

数あるデスクワークの中でも、デスク、というかパソコンへの張り付き時間が長いエンジニア。忙しい時はお昼の時間も惜しいもの。そんなときの強い味方がカップラーメン。コンビニで買えて、3分待てば食べられる。そしておいしい。でも、そんなカップラーメンもあまりに毎日続くと飽きてしまいますよね。そこでGeekroid編集部では、巷に広がるカップラーメンのアレンジレシピを調査。まるで別の味わいになると噂のレシピを実際に作って食べてみました。

(Geekroid編集部)

カップヌードルがカルボナーラに?

言わずとしれた王道のカップヌードルを使ったレシピ。中でも人気の高いカップヌードルシーフードにたった2品追加するだけで、カルボナーラのような味わいになるとのこと。果たして結果は?

材料: カップヌードルシーフード 1個
豆乳 適量
卵 1個
レシピ: 1 カップヌードルにお湯を入れ、3分待つ
2 具が出ないようにお湯を捨てる ※詳しくはPointをチェック
3 豆乳・卵を投入(今回は温泉卵を使用)
4 かき混ぜる
5 完成

実食

出来上がったのがこちら。うーん、なんとなくミルキーでカルボナーラ感は感じられます。さて、お味のほうは…

ん?確かにクリーミー!だけどなにか物足りない。と感じた編集部は、別のレシピ用に購入した溶けるスライスチーズを2枚投入。

うん!少しコクが出てよりクリーミーさが出てきました。
シーフードの香りが強く、カルボナーラというよりは魚介を使ったクリーム系パスタといった感じでしょうか?本物のカルボナーラとはひと味違った味わいですが、濃厚でなかなかおいしかったです!冷たい豆乳を投入するので、麺もなんだか適温に。割とガツガツいけてしまいます。今回はできませんでしたが、コショウを加えればもっとカルボナーラ感がアップしそう。
材料費を全て足しても、コンビニのカルボナーラを買うよりも安く済みそう。
パスタ好きさんは挑戦してみる価値があるかも!?

<評価>
★★★☆☆
なかなかおいしかったが、ちょい足しの素材次第で、さらに伸びるのでは、という期待を込めて星3つ。自分がクリーム系パスタ好き、だから評価が厳しくなってしまっているかもしれない…

<Point>

・湯切りのときは、爪楊枝でフタに穴をあけ、「セルフジェット湯切り口」を作ると便利です。
・豆乳は少しずつ、味を見ながら投入していくと好みの味が見つけやすいです。
・チーズは必須。バターや黒胡椒を加えるとより本物っぽくなる気がします。

カップヌードルがペスカトーレに?

こちらもカップヌードルシーフードを使ったレシピ。今度はトマト系パスタのペスカトーレの味になるとか。ペスカトーレはもともと魚介系のパスタなので、シーフードとの相性は良さそうだけど、果たして?

材料: カップヌードルシーフード 1個
トマトジュース 適量
とろけるチーズ 適量(おすすめは2枚)
にんにくチューブ 適量
レシピ: 1 カップヌードルに通常よりも少し少なめにお湯を注いで、3分待つ
2 出来上がったカップヌードルにトマトジュース・にんにく・チーズを適量入れる
3 完成

実食

完成した見た目がこちら。見慣れた白濁スープが赤色に染まっています。そしてシーフードの香りとともにトマトの香りも。

一口目を食べてみると、なかなかトマトジュースの味が強め。トマトスープというよりはトマトジュース感が勝ってしまっている感じがします。また、入れすぎてしまうと湯温が下がってしまうので、そのあたりも要注意。やはりアツアツのほうがおいしいです。
どうにかパスタ感を出そうと、編集部はここでにんにくをさらに注入。

にんにくをしっかり溶かして二口目。にんにくの風味や香りが強くなり、よりパスタ感が強まりました!うん、これはペスカトーレといってもよいのではないでしょうか!
トマトジュースを入れているので、スープが少しあっさりしておいしいですよ。
ただ、なかなかトマトジュースが強いので、トマトジュースが苦手な人はちょっと厳しいかも。トマトジュースとトマトってどうして味が違うのでしょうか…
あと、食事後の歯磨きはマストです!

<評価>
★★★★★
にんにくの風味がよく合って、カルボナーラよりもさらにパスタ感が強めなところが高評価!
うまく調節すれば、ホントにおいしくなる、ポテンシャルの高いちょい足しです。今回の中ではイチオシ!

<Point>
・トマトジュースはお好みに合わせて少しずつ足していくとベストな味が発見しやすい
・にんにく投入でよりパスタ感が強くなる

いかがでしたでしょうか?今回はただのちょい足しではなく、別のものを食べている気分に浸れるものをチョイスしました。ラーメン→パスタのアレンジはけっこう存在しているのですが、どちらも確かにパスタソースのように変化したと思います。
ただ、あくまでカップヌードルの麺なので、完璧!とまではいきませんでした。生麺タイプのカップラーメンなら、より近づけることが出来るかもしれませんね。
このラーメンレシピは奥が深そうなので、今後も挑戦していきたいと思います。


さて、ここからは番外編。ラーメンのアレンジレシピの中で、いくつかお菓子を使ったレシピが見られました。そこで編集部が近くのコンビニを物色し、面白い味になりそうなお菓子をチョイスし、オリジナルアレンジに挑戦!
今回のベースはおなじみペヤングソース焼きそば。そしてちょい足し食材は「プリングルス サワークリーム&オニオン」と「じゃがりこ たらこバターLサイズ」をチョイス!
では、それぞれのレポートをご覧ください。

プリングルス サワークリーム&オニオン

味予想:シンプルなパスタ?

サワークリームとオニオンということで、オリーブオイルと塩など、シンプルな味になるのではないかと予想。

レシピ: 1 かやくを取り出し、プリングルスを入れて、その上からお湯をかける
2 3分経ったらお湯を捨て、プリングルスを後乗せ
3 よく混ぜて完成

フニャフニャになったプリングルスとまだサクサクのプリングルスが混ざって、なんとも言えない見た目に。シンプルな味わいになることが予想されるので、ソースは掛けずにプリングルスのみで実食。

………味が薄い。プリングルスと一緒に食べるとサワークリームの味が確かにするのだが、量が少ないと物足りない味に。また、ソースがかかっていない上に、プリングルスが乗っているので、すするのが難しい。かなり喉が乾いてしまうので、飲み物は必須。

たまらずソースを投入したが、今度はソースの味にプリングルスが負けてしまう。
サワークリームオニオンはおいしいので、味は申し分ないのだが、少し残念な結果に終わってしまった。お菓子のちょい足しは味の濃いものを選んだほうが良さそうです。

<評価>
★☆☆☆☆
やはり味の薄さと喉の渇きは、評価に響く。安易なちょい足しになってしまったことを反省。オリーブオイルと塩コショウがあれば絶対うまいと思うのに…

<改善ポイント>
・麺がまったく滑らないので、湯切り後にオリーブオイルなどをかけるとよい
・スナック菓子で味が全体に渡りにくいので、塩やレモン汁などを足すのもオススメ

じゃがりこ たらこバターLサイズ

味予想:たらこスパゲティー

これはそのものズバリ!たらこスパゲティーになることを狙って購入。また、じゃがりこのポテト感がおいしいはずという期待も

レシピ: プリングルスと同じ

出来上がったものをみると、ホクホクになったじゃがいもとほんのりたらこの香りが。これは期待できそう!プリングルスの反省を生かして、今回はソースを少量掛けてから食べることに。

じゃがりこについてははじめからソースを投入したが、こちらはソースの味に負けるということはありませんでした。ただ、たらこの風味が少し薄い。どちらかというとバターとじゃがいものホクホク感が勝っていて、ポテトサラダ入りのパスタを食べているような感覚でした。

たらこスパゲティーを思い浮かべて食べると物足りないけれど、こういう食べ物として割り切れば、なかなかおいしい出来になったと思います。

<評価>
★★☆☆☆
たらこの味はお菓子ではなかなか再現は難しい様子。プリングルスに比べれば若干こちらのほうがおいしいかもしれないけど、やはり評価は同程度か。世に出ているちょい足しグルメはなかなか考えられたものであることを実感した。

<改善ポイント>
・たらこではなく明太子のほうが、味が濃くてよかったかもしれない。
・こちらもパサパサ感があるので、湯切り後にごま油などをかけると相性がいいかも。

まとめ

オリジナルのアレンジを考えてみて思ったことは、味を整えるのは難しいということ。
カルボナーラやペスカトーレを作り上げた人はいったいどうやってベストの味を見つけ出したのでしょうか。おいしいオリジナルレシピを見つけるのにはもう少し時間がかかりそうです…
でも、こうやって食材を選んだり、味を想像したりしながらの買い物はいい気分転換になりそう。もとがおいしいので意外となんでも受け入れてくれるところも安心です。
(※今回試したちょい足しグルメはスタッフが全ておいしくいただきました)

忙しい日々が続いたときは、オリジナルアレンジで、ちょっぴり気分転換してみてはいかがですか?

いつものお昼にアレンジを。カップラーメンは本当に別の味に変わるのか、試してみた!

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW