採用したいエンジニアって、どんな人材?GeeKのキャリア論U
skill

採用したいエンジニアって、どんな人材?
GeeKのキャリア論U

2015.01.29

ent88_img01.jpg

今やスキルさえあれば独立し起業することも当たり前の時代。とはいえ、実際にはIT企業や専業企業などに入社し活躍したい人も多いと思います!実際に採用する企業では、どんな人材を求めているのでしょうか?彼らが求めているスキルや、プログラミングに対する考え方、そもそもの基本姿勢…こちらもいろいろなポイントがありそうですが、これからエンジニアを目指す人はもちろん、今まさにGeekとして働く人にも、参考になる視点がありそうです!前回に引き続き、実際に採用を検討しておられるベテランエンジニアのフィールズ代表 津留大次郎さんに、「こういう人、ぜひ採用したい!」と感じる要素を伺ってみました!(斉藤 淳郎

津留さんは、2002年より福岡にあるシステム会社に当初はアルバイトとして入社。その後社員時代を経て勤続5年、フリーランスへの憧れから退社し独立。以来7年、通信販売企業のシステムから一般企業の営業効率化システム構築、店舗の販促まで、幅広くWebシステム開発や保守などに携わってこられました。ここまでフリーランスとして携わって来られましたが、来年以降いよいよ法人化を予定!余談ながら、家に帰れば2児の父。コミュニティ界隈では、fukuoka.pm (fukuoka perl mongers )も主催され、福岡エリアに留まらず集まってくるPerlプログラマー達に憩いの場を提供しておられます (詳細はhttp://fukuoka.pm.org/も是非ご覧ください!)。

■ Q:津留さんから見て「この人と働きたい!」というエンジニアって、どんな人?

個人事業からスタートしたのでまだまだ独りよがりな視点かもしれませんが、「私が書けないコードが書ける人」には興味を持ちますし、理想的だと言えますね。あ、もちろんスキルや知識の高さを言っているのではなく、「自分や、今いるメンバーと考え方が違う」ということ。同じ動作をするプログラムであっても一見したら「読めない!」となるコードの書き方もあります。そのとき素直に「どうしてこのような実装になったのか?」を互いに発言・議論することで、刺激を与え合い成長したい!という想いがあるのです。(ここから小声で)…まあ、実際には今いるメンバーが、私に対して過去のタイポ、いわゆるスペルミスとか、コードが読めない!とかね、議論というよりは修正や今後の反省に役立っているという噂もあります、はい(苦笑)。

■ Q:コードへの考え方そのものが違えば、かえって現場で混乱を起こすこともありそうですが?大丈夫なんでしょうか??

いえ、もちろん、リファクタリングの時点で右往左往しないような決定などの管理はしていきますよ。ただ、それらは私を含めた「事業運営者」、いわばプロデューサー側の仕事だと思うんです。それよりも、自ら学んできた新しい自由な視点で様々な視点を持ち込んでくれた方が、現場の仕事では役に立つことも多いと思うんです。前回もお話に出ましたが、「良い意味でわがままな人」であってほしい!悪意があってはもちろんダメですけれど、現状のプログラムよりも、こうしたい!という意志や、こんなやり方もあると思うんだけど!という意見があった方が、独自のプログラムが構築できる可能性がもっと広がっていくはずです。弊社の採用選考でも、いろいろ自由に教えてもらえたらと思っていますよ。

■ Q:もっと前提となる、基本的な勤務態度や姿勢って、かなり見ていますか?

ありきたりかもしれませんが「自分に素直・正直であること」でしょうか。例えば、ミスは誰でもするものだと思うんです。でも、その時に、起きた事実の報告と解決策の提案が率直にできるか。解決作業を冷静に対処し、スピード感をもって解決に繋げられるか。この「思わず黙り込んでしまいそうなとき」こそ、素直さや正直さが求められますよね。?もっと言えば、そういう素直さ・正直さがある人って「自分はこうしたい!こうなりたい!」と意思表示できる人だと思うのです。いずれ独立したいのであれば、独立したい!と言ってほしい。公言してしまって構わないと思うのです。自分のやりたいことをしている時の努力って、誰も敵わないですから。そういう人はこちらも応援したくなりますし、具体的な支援ができるかもしれません。もちろん、弊社としては依頼した作業はしてもらわないといけませんが、そういう人と時間を共にして仕事が出来ることそのものが、とてもありがたいことだと感じています。

おお!なんという懐の深さ!「やりたいことを実現する力」って、確かに誰も追いつけないものかもしれませんね。Geekとしての生き方にも通じるかもしれません!ご自身のキャリアを考える参考になれば幸いです!

原稿:斉藤 淳郎
フリーで活動するディレクター・ライター。キャリアカウンセラー等、二足の草鞋で活動中。

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW