Elasticsearchでアプリを作ってみた。~メリットとデメリットを考える
skill

Elasticsearchでアプリを作ってみた。
~メリットとデメリットを考える

2015.01.15

ent86_img01.jpg

海外でのサーチエンジンを中心に普及著しいElasticsearch。Foursquare等での利用で注目した人も多いかもしれません。RESTful API経由で操作できて、マルチテナントで、スキーマレスで…と、使い勝手はかなり良さそう!という印象ですが、実際のところどうなんでしょうか?実装した感想とメリット、そして気になるデメリットについて、御馴染み福岡の「フィールズ」代表 津留大次郎さんに聴いてみました!
斉藤 淳郎

津留さんは福岡で独立しフリーランスとして活動して来られましたが、2015年以降株式会社フィールズへと法人化予定!家に帰れば2児の父。コミュニティ界隈では、fukuoka.pm (fukuoka perl mongers )も主催され、福岡エリアに留まらず集まってくるPerlプログラマー達に憩いの場を提供しておられます (詳細はhttp://fukuoka.pm.org/ もぜひご覧ください!)。

■ 検索部分の利用には、確かに利便性高い!

Luceneベースの全文検索・解析ができるサーチエンジンサーバがElasticsearchです。サーチエンジンの設定やデータのフィード、クエリなど、ほとんどの操作がRESTful経由で操作できることから外部システムとの連携性に優れ、また複雑なクエリ構築にも利便性を発揮しています。マルチテナント対応やスキーマレスであることから、多種多様なデータや柔軟なドキュメントフィードの定義が可能と、対応力が秀逸なサービスとして広く利用されるようになってきました。

■ 構築期間の短縮、検索時間の高速化には、大きなメリット。

特に構築作業を請け負う際の視点だけでお話しすると、600~900万件規模のデータは部分的にRDBMSで対処できない場合もあり、そのためだけにテーブルを作るなどして検索処理時間をどうにか短くできないかと設計していたのです。が、この設計・構築・テストする手間が、作業工数の大幅アップに繋がっていました。その点、Elasticsearchの組み込みになれば、設定も簡単なことから、慣れていけば構築期間は改善できます。また、全文検索の導入がしやすいことも挙げられます。検索そのものも高速化し、導入したものでは大変好評をいただいています。

■ 管理データが増えていくケース等では重宝されそう!

既に納品したケースで言えば、通信販売や会員管理など、個人情報などの基幹システムへの導入が2つありました。いずれのケースも顧客内にオペレーションする人がいて、社内での登録・連絡項目の書き換えや受発注管理での用途でした。管理している件数は数百万件にのぼることから、従来のシステムでは重くなりすぎて検索にかかる作業時間負担が大きかったそうです。以前からデータベースを管理していて、登録件数が増大し大規模なデータになっていくクライアントでは、今後導入が増えていくと言えるでしょうね。

■ RDBMSではできていたことが、できない!という側面も。

ただし、メリットばかりではありません。可変性や柔軟性が高いことの裏返しとして、まずトランザクションがありません。データの出し入れがバラバラになっていくわけですから、プログラマーサイドが把握しておく必要がある手間と負担は大きくなります。また、概念やDSLなど、特殊な操作方法に対応する学習コストも導入当初はかなり大きな負担です。導入そのものが「早く」対応できる、構築期間が最初から極端に短い、ということとは別だ、と考えた方が良いでしょう。

■ 導入期は、「併用」がトレンドになっていくはず。

導入にあたってさらに検討すべきこととしては、従来からRDBMSを用いてきた企業においては、RDBMSでの外部テーブルとの連携等ができなくなります。仮にRDBMSをマスターデータ、Elasticsearchを検索用、と分けた場合には、両方にデータ登録が必要となります。必然的に登録時の処理時間コスト発生にもつながりますから、「痛し痒し」といったところでしょうか。?恐らく、今後のトレンドとしては、併用して使われていくことになるのだと見ています。用途によってデータストアを使い分けながら、ケースに応じてElasticsearchの方が早くなる場合には導入が求められていくはずです。

検索システムとして利用され始めたElasticsearch。世の中のデータ管理の流れで行けば、少しずつケースに応じて移行していく流れや、併用からまずは検討といったところでしょうね。新しい時代の流れに敏感なGeek達が、データ管理システムの未来を創っていくまっただ中にあるのかもしれません。

原稿:斉藤 淳郎
フリーで活動するディレクター・ライター。キャリアカウンセラー等、二足の草鞋で活動中。

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW