もう読んだ? Geekroid(仮)Facebookページの人気トピックスBEST5(2014年11月分)
news

もう読んだ? Geekroid(仮)Facebookページの
人気トピックスBEST5(2014年11月分)

2014.12.04

ent81_img01.jpg

こんにちは、Geekroid(仮)編集部です。
今月もやってまいりましたFacebookの人気トピックスBEST5の発表です!
https://www.facebook.com/geekroid.kari
11月はどの記事も関心が高かったようですが、その中でも1位の記事は特に注目が集まりました!!
それでは第1位から第5位までのBEST5ご確認ください!
(Geekroid(仮)編集部)

第1位

11月28日

あとで読むサービス「Pocket」が、画面の大きなiPhone 6シリーズの登場がiPadに与えた影響のデータを公開しました。
iPhone 5/5SとiPadの両方を所有しているユーザーが、iPhone 5/5Sを使ってコンテンツを読む割合は55%でした。それがiPhone 6だと72%、iPhone 6 Plusユーザーは80%に増加しているそうです。
特に週末にiPadよりもiPhoneが用いられる傾向が強まっており、プライベートではiPhone 6シリーズだけを持ち歩く人が増えているようです。
iPhoneの画面が大きくなるほどiPhoneで読まれる記事が増えるものの、通勤中にiPhone 6 PlusだけiPhoneの中で22%少ないという結果になっています。
ポータビリティではiPhone 5/5SやiPhone 6。
iPhone 6 PlusはiPadと同様に、リーディングやエンターテインメント体験で選ばれている模様です。

http://getpocket.com/blog/2014/11/the-screen-size-debate-how-the-iphone-6-plus-impacts-where-we-read-watch/

第2位

11月18日

フィットネスバンドが役立つのは健康管理だけではありません。
訴訟の証拠としても効果を発揮しそうです。
車の事故の損害賠償を求める訴訟で、カナダの弁護士事務所が被害者の仕事への影響を示すデータとして、被害者が利用していたFitbitのアクティビティデータを提出します。
アクティビティデータのサポート資料としての価値は多くの専門家が認めており、議論は将来の可能性に広がっています。
今回はアクティビティデータを持つ原告が進んで提出しますが、アクティビティデータに関心を持った保険会社が提出を要請する可能性もあります。
ウエアラブルデバイスが人間の身体の“ブラックボックス”のような存在になり得ると考えられる一方で、データ提出の命令に関しては専門家の意見が分かれています。

http://www.forbes.com/sites/parmyolson/2014/11/16/fitbit-data-court-room-personal-injury-claim/

第3位

11月6日

Googleが提供するGoogleニュースには「人の褌で相撲を取る」という批判が絶えませんが、Googleニュースが新聞社や出版社にとって読者を呼び込む効果的な手段であることがドイツで証明されました。
同国では法廷での争いの末に昨年、新聞社や出版社の拒否権が認められました。
そして2週間前に記事からの抜粋に対する使用料を求めて、約200社がオプトアウトを実施しました。
ところが、早くもドイツの出版大手Axel Springerがオプトインに転じたのです。
タイトルだけがGoogleニュースに掲載されるようになってから検索からのトラフィックが40%減、Googleニュースからのトラフィックが80%減になり、読者からの反発もあったそうです。
Axel SpringerのCEOは「自らを市場から追い出したようなものだ」とコメントしています。

http://www.theverge.com/2014/11/5/7160587/german-publisher-axel-springer-google-news

第4位

11月27日

起業家がスティーブ・ジョブズ氏から学ぶべき12のレッスン。
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなった翌日、CEO Summitで講演を予定していたガイ・カワサキ氏(元Appleエバンジェリスト)が直前に講演内容を変更しました。
一部で話題になった1時間近い同氏の講演のポイントをInc.でジャスティン・バリソ氏がまとめました。
すでに研究しつくされているジョブズ氏の思想ですが、「1. 専門家は役に立たない」(起業家は他人にまかせず、自分で答えをみつけなければならない)、「8. 価値と価格は異なる」(自分たちの製品やサービスの価値を正しく認識しろ)など、起業家が今でも「なるほど!」と思い、そして発奮するようなポイントが含まれています。

http://www.inc.com/justin-bariso/12-pivotal-business-lessons-steve-jobs-taught-guy-kawasaki.html

第5位

11月13日

グロースハッキング(Growth Hacking)という言葉をご存知でしょうか。
ここ数年でIT産業、特にデジタルマーケティング分野でよく使われるようになってきた言葉です。
サービスやビジネスを効率的に急成長させる仕掛けを指します。
データに基づいたデジタルマーケティング、または実験ベースのマーケティング等々。
QuoraやPinterestといった急成長を遂げたサービスには必ずグロースハッカーと呼ばれる存在がいると言われています。
そのグロースハッキングのリソース(ガイド、テクニック、ケーススタディなど)を集めたウエブサイト「Growth.Digital」が公開されました。
データの量は多くないものの、グロースハッキングに関する知識を補ったり、効率的にリサーチできる情報が集められています。

http://growth.digital/

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW