イマドキのIDE事情 第8回様々な言語、PaaSに対応!注目を集めるWeb IDE「Codenvy」とは?
skill

イマドキのIDE事情 第8回
様々な言語、PaaSに対応!
注目を集めるWeb IDE「Codenvy」とは?

2014.07.03

ent44_img01.jpg

Codenvyは、もともとクラウドサービスを提供するeXoで開発されていたeXo Cloud IDEからスピンオフして設立された企業で、様々な言語やクラウドプラットフォームに対応したWeb IDEを提供している。(竹添直樹

ent44_img02.jpg
CodenvyのWebサイト

Codenvyは無償で使用できるが、利用にはユーザ登録が必要だ(GoogleアカウントもしくはGithubアカウントでもサインアップ可能)。また、イントラネット内に設置して利用可能なCodenvy Enterpriseも用意されている。

■Codenvyがサポートしているプラットフォーム

CodenvyはPaaS上で動作するWebアプリケーションの開発に主眼が置かれており、以下の言語とPaaSがサポートされており、プロジェクトの作成時に選択できる。

プログラミング言語

  • ・Java
  • ・JavaScript
  • ・Ruby (Ruby on Rails)
  • ・Python
  • ・PHP
  • ・Android
  • ・Node.js

PaaS

  • ・CloudBees
  • ・CloudFoundry・AppFog
  • ・Heroku
  • ・OpenShift
  • ・Google App Engine
  • ・AWS Elastic Beanstalk
  • ・Manymo Android Emulator

ent44_img03.jpg
プロジェクトの作成

Javaに関してはMavenによるビルドがサポートされており、Springを使用したプロジェクトや、JARライブラリ、Androidアプリケーションの開発もサポートされている。言語によって提供されている機能は異なるものの、ここまで幅広いプラットフォームをサポートしているWeb IDEは現時点ではCodenvyだけといっていいだろう。

■Codenvyの主な機能

Codenvyの見た目はEclipseに似ている。普段Eclipseを使ったことのあるユーザであれば、違和感なく利用できるだろう。Javaであればコード補完に加え、インポート文の自動編成やコンストラクタやアクセサメソッドの自動生成などが可能だ。

ent44_img04.jpg
コード補完

ただし、最近のIDEではソースコードの編集中にエラーをチェックしてくれる機能が当たり前だが、Codenvyではビルドを行わないとエラーがあるかどうかがわからない。エラー箇所もビルド結果のメッセージから読み取る必要があるためややわかりづらい印象を受けた。

なお、現状ではエディタで日本語を入力することはできず、大きなファイルの場合は入力が遅れるなどの問題も見受けられた。言語によってもサポートされている機能が異なり、Java以外の言語では補完が弱いなどの違いがある。今後の改善に期待したいところだ。

Codenvy上からはHerokuやGoogle App Engine、Elastic Beanstalkなど主要なPaaSへのデプロイが可能だ。PaaSにデプロイせずにCodenvy上でWebアプリケーションの動作を確認することもできる。

ent44_img05.jpg
Gitの履歴ビュー

CodenvyはGitにも対応している。Codenvy上で新しくリポジトリを作成することもできるし、外部のリポジトリからクローンすることも可能なので、Codenvy上で開発環境を完結させる必要がなく自由度が高い。ただし、Gitに関しては最低限の操作は可能なものの、GUIのGitフロントエンドとしては不足している機能が多く、細かい作業までCodenvy上で完結させるのは難しいのではないかという印象だ。

■まとめ

Codenvyは数あるWeb IDEの中でも高機能なもののひとつだ。Web IDEは以前から様々なプロダクトが登場してはいるものの特定の用途に特化したものが多い。Codenvyは様々な言語、PaaSをサポートしていること、Javaに関してはMavenに対応しておりWebアプリケーションだけでなくライブラリの開発も可能など活用範囲が広い。

一方で、これは他のWeb IDEにも言えることだが、やはりスタンドアロンのIDEと比較するとまだまだ不足している機能は多い。筆者自身も日常的にWeb IDEで開発を行うのは不可能だと感じているのが正直なところだ。Codenvyがこの壁をどう越えてくるのかに注目したい。

原稿:竹添直樹
株式会社ビズリーチ所属。Scalaを愛するJVM系プログラマ。業務の傍らOSS開発や執筆活動を行っている。
https://twitter.com/takezoen

※本記事は2013年5月16日にマイナビニュースに掲載された記事を基に、一部加筆修正しています。

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW