イマドキのIDE事情 第4回「Github for Windows」でGithubをはじめてみよう!
skill

イマドキのIDE事情 第4回
「Github for Windows」でGithubをはじめてみよう!

2014.04.17

ent25_img01.jpg

近年、オープンソースソフトウェアのホスティングサービスとしてGithubが人気を集めている。
GithubはGitリポジトリのホスティングだけでなく課題管理やリポジトリのフォーク、プルリクエストといった機能を備えており、使いやすいWebブラウザ向けのインタフェースも人気の秘訣だ。(竹添直樹

■ WindowsからGithubを利用する方法

Githubを利用するには、Gitリポジトリにアクセスするためのクライアントが必要になる。WindowsであればMsysgitやCygwin上からgitコマンドを使用する方法や、TortoiseGitといったGUIクライアントを使用する方法、さらにはEclipseなどのIDE上で利用可能なGit用のプラグインを使用するなど様々な方法がある。

しかし、Githubを手軽に利用したいのであれば、Github for Windowsという選択肢もある。Github for Windowsは、Github自身から提供されているWindows用のGithubクライアントだ。汎用的なGitクライアントと異なりGithubに最適化されているのが大きな特徴だ。

■ Github for WIndowsのインストール

Github for WindowsはGithubのWebサイトからダウンロードできる。



Github for WindowsのWebサイト


画面中央の「Download Github for Windows」をクリックするとインストーラをダウンロードできるので、ウィザードの手順に従ってインストールしよう。インストールが完了すると初期設定を行う画面が表示されるので、GithubのアカウントのIDとパスワードを入力する。また、ローカルファイルシステム上に存在するGitリポジトリが自動的に認識され、Github for Windowsの管理対象かどうかを選択できる(管理対象のリポジトリはあとから追加することもできる)。



Github for Windowsの初期設定

■ Github for Windowsの基本的な利用手順

初期設定が完了すると、以下のような画面が表示される。まずは画面上部の「add」をクリックして新しいリポジトリを作ってみよう。リポジトリの作成時に「Push to github」にチェックを入れておくと、ローカルリポジトリを作成すると同時にGithub上にリポジトリを作成することができる。



初期設定直後の画面




リポジトリの作成


デフォルトではホームディレクトリ/Documents/Githubディレクトリ配下にローカルリポジトリが作成されるので、ここにGitで管理する適当なファイルを作成してみよう。その後、Github for Windowsで該当のリポジトリを選択すると以下のようにコミット可能なファイルの一覧が表示される。各ファイルの差分を確認することも可能だ。画面右側のテキストフィールドにコミットメッセージを入力して「COMMIT」ボタンをクリックすれば、ファイルをコミットすることができる。



ファイルのコミット


この状態ではまだファイルはローカルリポジトリにコミットされただけでGithub上のリポジトリには同期されていない。コミット画面上部の「publish」をクリックすることで、ローカルリポジトリにコミットした内容をGithub上のリポジトリに反映することができる。

■ Github for Windowsのその他の機能

Github for Windowsではこの他に、ブランチの切り替えなども簡単に行うことができる。また、リポジトリを右クリックしてコンテキストメニューから「open a shell here」を選択することでローカルリポジトリのルートディレクトリでシェル(デフォルトではWindowsのPowerShell)を開くことができる。Github for WindowsのGUIでは不可能な細かい作業は、このシェル上でgitコマンドを使用して行うことができる。



シェルを開く


さらにGithub for Windowsをインストールしておくことで、GithubのWebインタフェースから「Clone in Windows」ボタンをクリックすることでリポジトリをクローンできるようになる。



ブラウザからリポジトリをクローン

■ まとめ

Github for Windowsは、Gitのすべての機能をGUIから利用できるというものではない。Gitの複雑な部分をラップし、状況に応じて最適なユーザインタフェースを提供することでGit/Githubの基本的な利用フローにおける操作を初心者でも戸惑わずに行うことができるよう工夫されている。
また、Github for WindowsのGUIでは不可能な操作はコマンドで行うこともできるようになっているため、Gitに不慣れなユーザが実際に使いながらGitのイロハを学んでいくことができるだろう。

なお、Githubではこの他にもMac版のクライアントであるGithub for Mac(Github for Windowsは、Gitのすべての機能をGUIから利用できるというものではない。Gitの複雑な部分をラップし、状況に応じて最適なユーザインタフェースを提供することでGit/Githubの基本的な利用フローにおける操作を初心者でも戸惑わずに行うことができるよう工夫されている。また、Github for WindowsのGUIでは不可能な操作はコマンドで行うこともできるようになっているため、Gitに不慣れなユーザが実際に使いながらGitのイロハを学んでいくことができるだろう。

なお、Githubではこの他にもMac版のクライアントであるGithub for Macや、Androidアプリを提供している。Windows以外のユーザもぜひ活用して欲しい。

原稿:竹添直樹
株式会社ビズリーチ所属。Scalaを愛するJVM系プログラマ。業務の傍らOSS開発や執筆活動を行っている。
https://twitter.com/takezoen

※本記事は2012年11月1日にマイナビニュースに掲載された記事からの転載です。

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW