うちのPJにいる困ったちゃんシリーズ~インフラ系~
skill

うちのPJにいる困ったちゃんシリーズ~インフラ系~

2014.03.27

ent19_img01.jpg

新規システムの場合は、ハードの調達・導入や調整、リリース後や既存システムにおいては運用・管理(最適化や障害対応)・移行や更新といった業務がインフラエンジニアの主な仕事。SEが兼任するPJもありますが、やはり知識の面ではネットワークやデータベースやサーバなど専門のエンジニアは貴重な存在です。

今回は、それらインフラ系のエンジニアを取材して困ったちゃんエピソードを集めてみました。(島田佳奈

■ いつの時代の業界標準?

某PJに中途で入ってきた年配社員のNさんのエピソード。
Nさんは、今日もコツコツと社内インフラの運用マニュアルを作成中。形式的には作成すべきドキュメントかもしれませんが、社外案件ならともかく社内インフラに関しては、運用チーム全員周知のこと。異動等の引継時にも特に必要としないため、これまでもこれからも活用されることはありません。

「そのドキュメント、今は必要ないですよね。それより先にこっちの作業をやってほしいんですが……」と他のメンバーが指摘しようものなら、さぁ大変。

「これが業界標準だ! 使わないおまえらが悪い!」

顔を赤くしてキレるNさん。中途とはいえ年長者なだけに、皆は扱いに困ってしまったとか。もはや窓際ポジションにいていただくしかない現在、そんな空気もどこ吹く風で今日もNさんはコツコツとドキュメント作成に勤しんでいるそうで……。

■ それだけは言わないでほしかった

某通信系企業のサーバ室は、インフラチームのメンバー5名が24時間3交代で運用管理をしています。ひとりが社員であとは全員外注スタッフという構成。

これまで外注メンバーは何名か入れ替わっていますが、体調不良と「妻が臨月」以外の理由で深夜勤務を断った人はいません。ところがある日、1名の外注メンバーが身体を壊し入院することになりました。代わりに新人エンジニアを採用したのですが、出勤初日にいきなりの爆弾発言!

「ボク霊感強いんで、ここには泊まれません。早朝か夕方だけのシフトにしてください」

なぜ面接時に希望シフトを言わなかったの? それともこのサーバ室に入った瞬間、霊の気配を感じたとでも!? ところがその後……。

「……たしかにいるかもしれませんね」
古株メンバーのひとりがボソッとつぶやいた瞬間、みんなの脳裏に3年前に倒れたと噂の上司の顔が浮かびました。まさか!?
平和だったサーバ室は一気に「恐怖の部屋」と化したとか。
その後、深夜シフトを避けるメンバーがちらほらと……。後を引くトンデモ発言は控えていただきたいものです。

■ あなたのマシンじゃないんです

さて、こちらは某PJの話。
客先でネットワーク障害が発生。あいにく担当のKさんは地方案件で出張中だったため、代理で新人のDくんが対応することに。

「何かあったらすぐKに連絡するように」「ハイ!」
Dくんはいい返事をして出かけていきましたが、先方に到着して間もなく事件は起こりました。

障害が起きたのは、損害保険の顧客システム。営業拠点のシステムはすべてネットワーク配下で動いており、事故や問い合わせなど頻繁に照会されるもの。AP・DBサーバには社内システムと外部アプリおよび関連データがすべて搭載されています。NWサーバにしても、予告なしに停止したら全支店が大騒ぎになるのは火を見るより明らか。にもかかわらず、Dくんは涼しい顔で端からサーバを再起動させようとしたのです。
「何をやってるんだ!」顧客の担当者が間一髪で止めたためセーフでしたが、危うく営業時間中にシステムを停止してしまうところでした。

「まずは再起動」――それは個人のマシンの話! その顛末を電話で聞いたKさんは、出張先でフリーズしたそうです。

いかがでしょうか。インフラ業務は多岐に渡るため他にも多くの「困ったちゃん」報告がありましたが、なかでもユニークなものをピックアップしてみました。

基幹はシステムにおいて重要な部分。ただでさえインフラ系エンジニアは(アプリ系に比べて)人員が不足気味なので、困ったちゃんが少しでも減ってくれることを願わずにはいられません。

原稿:島田佳奈
作家/女豹ライター/コラムニスト。『人のオトコを奪る方法』他著作多数。あまり知られていないが、実はキャリア8年の元SE(C/S、オープン系。専門言語はVB、Java)。SE時代は主にリーダーとSE/PG間のコミュニケーション不全を緩和する稀有なムードメーカーとして重宝される。徹夜3日、稼働月420時間(15h×28日)が限界値(女として終わっているレベル)。AllAbout恋愛、Nifty恋愛結婚、シティリビング他コラム連載多数。
公式サイト https://www.facebook.com/shimadakana.fanpage

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW