あなたのチームにもきっといるはず。愛されるプログラマ、残念なプログラマの6つの特徴 ~残念編~
skill

あなたのチームにもきっといるはず。愛されるプログラマ、残念なプログラマの6つの特徴 ~残念編~

2014.01.29

heart.jpg

プログラマ(以下PG)という職種において、一緒に働くメンバーが考える「愛されPG」「残念なPG」はどんな人か。
現場で働く現役システムエンジニアたちからの声と、過去8年、IT業界でSEをやっていた筆者の私見を交えてピックアップしてみました!

ここでの"残念"とは、困ったことをやらかす人や周囲に迷惑をかけてしまう人などの総称です。

あなたの隣にもいませんか? 残念なPGが。あるいは、あなた自身がメンバーから「残念すぎる」と思われてしまってはいないでしょうか。

他人の振り見て我が振り直せ。愛されなくてもせめて残念なPGにだけはなりたくないものです。(島田佳奈

img03.png

1.ガラスのハート

昨今、システム開発の工数がギリギリな現場が多いこともあり、 SEもPGも多忙になりがち。カツカツの納期でイライラしがちなせいか、チームメンバーに優しく対応する心の余裕を失うこともしばしば。しかしちょっと注意しただけで鬱モードになり欠勤されては、プロジェクトに支障が出てしまいます。
誰でも落ち込むことはありますが、チームに迷惑をかけるのは社会人としてあまりに無責任というもの。PGである以前に社会人としてのモラルが問われます。

2.攻撃力ハンパない不潔さ

期が迫りテストが思うように進まないと、何日も徹夜となってしまうのは避けて通れない道。筆者も3日間家に帰れず、会社のトイレで洗顔するのみで風呂に入れずにいたら、他のメンバーに「臭い」と指摘されたことがあります(女子として終わってますね)。

しかし毎日残業なく帰宅していても、滅多に風呂に入らないツワモノPGも。

体臭というものは、自分ではわからなくても隣の人にとっては公害です。たとえ徹夜が続いても、近所に銭湯やサウナがあれば気分転換に利用したほうがいいし、体を拭くシートはコンビニでも買えます。帰宅してゲームに興じるのもいいですが、人として最低限の身だしなみは整えましょうね。

3.無駄に職人気質

自分の書いたソースに惚れ惚れするのはPGとしてすばらしいこと。しかし肝心の設計書の要件を満たしていなければ、クズも同然です。

とくに多いのは、機能や結果のみ意識して処理時間まで気が回らないPG。しかしリーダーSEに「直せ」と言われても「もう完成しましたから」と対応してくれないのでは困ります。

システムのインプットからアウトプットまでの処理時間は、自分のパーツだけで動くのではありません。こだわりは捨て、PG自身が「部品」くらいのつもりで臨機応変に対応してほしいものです。

4.紙が好き過ぎる

目が悪い、赤字で修正を挿入したいなど理由はさまざまですが、必要なドキュメント以外はできるだけペーパーレス化を心がけるのが今の時代。

どういうわけか上の世代(昔はそれが常識だったので指摘しづらい)に多いのが、ソースコードをプリントして「机上デバッグ」すること。

50Kのソースを印刷したら何枚か、想像するだけで恐ろしい。お願いだから客先常駐のプロジェクトでは、極力、画面上でデバッグしてください。ISO14001(※)取得企業でやられたらクレームつきかねません。せめて裏紙で......。
※ISO14001→環境ISO。省資源化などに取り組んでいる企業が取得。

5.他人のスキルに依存する

「わからないことは人に聞け」は、世間では常識かもしれませんが、技術者の間では通用しません。

皆ギリギリの工数の中、必死に仕事をしています。いちいち技術的なことを「教えてください」と聞かれても教える時間はありません。「ggrks(ググれカス)」と返ってくるのがオチ。

新人のうちは優しく教えてくれるメンバーもいるかもしれませんが、むしろ無知な新人のうちに「自分で調べる技術」も習得しておきたいもの。先輩に教わるのは最終手段です。

6.工程表をごまかし、遅れを偽装する

一番やっちゃいけないのが、作業が進んでいないにもかかわらずオンスケ(スケジュール通り)なフリをすること。帳尻が合えばいいと思うかもしれませんが、確実に合わせられる保証がないことを楽観的に考えていては、いざ足が出たときにチーム全体に迷惑がかかります。
日報や週報、工程管理表への記述は、たとえ遅れていてもバカ正直に書きましょう。フレームワーク導入チームであればごまかしはききませんが(笑)。


いかがでしたか? あなたのチームにいないことを祈ると共に、あなた自身が残念なPGに当てはまらないことを祈ります。
一方の「愛されるPG」編は、次回お届けします。

原稿:島田佳奈
作家/女豹ライター/コラムニスト。『人のオトコを奪る方法』他著作多数。あまり知られていないが、実はキャリア8年の元SE(C/S、オープン系。専門言語はVB、Java)。SE時代は主にリーダーとSE/PG間のコミュニケーション不全を緩和する稀有なムードメーカーとして重宝される。徹夜3日、稼働月420時間(15h×28日)が限界値(女として終わっているレベル)。AllAbout恋愛、Nifty恋愛結婚、シティリビング他コラム連載多数。
公式Facebookページ https://www.facebook.com/shimadakana.fanpage

この記事はどうでしたか?

おすすめの記事

キャリアを考える

BACK TO TOP ∧

FOLLOW