女性ならではのSky volume 06|Sky株式会社 企業情報|求人・転職エージェント

ご紹介企業情報

マイナビエージェントから提案する求人企業の一例をご紹介します

女性ならではのSky
volume 06
2018.4.6 UP

Skyで活躍する女性に働き方などを聞いてみました!「Skyだからこそ、女性がずっと輝ける理由」Skyで活躍する女性に働き方などを聞いてみました!「Skyだからこそ、女性がずっと輝ける理由」
menber
クライアント・システム開発事業部 ビジネスソリューショングループ
業務系開発エンジニア
Y.I
前職:システム開発会社の汎用系エンジニア
クライアント・システム開発事業部 営業部
営業職
M.U
前職:航空会社の客室乗務員
クライアント・システム開発事業部 カーエレクトロニクスグループ リーダー
組込系開発エンジニア
S.W
前職:複合機メーカーの評価エンジニア
ICTソリューション事業部 営業部
営業職
K.U
前職:複合機メーカーの営業職
紹介事業本部 IT領域営業部
キャリアアドバイザー
H.I
有給休暇はとりやすい?
残業は実際どれくらい?
Q:営業のK.Uさんは、
普段の残業はどれくらいですか?

K.Uさん:残業はもちろん繁忙期など変動はしますが、基本は月10時間未満です。水曜日の「定時退社日」も、会社として徹底していますね。

Q:異業種から転職してきたM.Uさんですが、
IT業界はハードというイメージはありませんでした?

M.Uさん:業界全体としては忙しそうなイメージはありました。私の場合、長く働ける会社に転職したかったので、ワークライフバランスもしっかりしていたSkyを選びました。実際、残業はかなり少なく、月10時間未満。ほぼ毎日定時退社で、1カ月のうち5~6日しか残業していません。周りも遅くまで残っている人は少ないですね。朝の方が仕事がはかどるので、午前中にフル稼働して、できることを終わらせるよう習慣づけしています。

Q:前職が客室乗務員ということで、
よく旅行に行かれるのですか?

M.Uさん:はい。趣味がゴルフと海外旅行なので、有給休暇はしっかり取らせていただいています。普段から「旅行に行くから」と連休を取ったりしていますね。最近は海外ではハワイとグアムに行きました。

Q:エンジニアの場合、納期などもありますし、
現場によってもかなり違いますよね?

S.Wさん:うちのチームは忙しい時期が続いていますが、休む時はしっかり休んでいます。よほどの事態でない限り、有休が取れなかったことはありません。私の場合、前職が残業ゼロだったため、以前に比べれば残業をしていますが、業界では少ないほうです。チームでしっかり残業時間を管理し、だれかに負担が集中しないよう分散させています。お互いに思いやる温かい社風があるのが、何より魅力ですね。

Y.Iさん:残業は現場によっても違いますね。私の場合、月20~30時間くらい。有休はとても取りやすいです。8月の夏休みは、有休と合わせて10連休にしました。上司も同僚もそうしているので、気兼ねなく休めます。とくに旅行に行くわけでもなく、帰省してのんびりリフレッシュしました(笑)。

身近な先輩たちの輝く姿が、私たちの自信と安心になる!
Q:身近に女性エンジニアとして
活躍している先輩はいますか?

S.Wさん:私のいるカーエレクトロニクスグループには、子育てしながら活躍している女性エンジニアもいます。私と一緒にドキュメント作成をしているベテランエンジニアです。時短勤務の制度もあり、実際に活用されています。ある先輩は、時短勤務で出社しても、限られた時間でフルに力を発揮し、定刻が来たら颯爽と去って行く。すごくカッコいいですよ!

Q:産休・育休や時短に対する、
周りのメンバーの受け止め方はいかがでしょうか?

S.Wさん:産休・育休や時短勤務が特に珍しいものではなく、自然に受け入れる姿勢が周りのメンバーにも根付いています。家庭の事情などで誰かが急に休んだ時に、フォローする体制も整っています。育休から復職したメンバーを温かく迎え入れることができ、戻ってくるメンバーも安心して子育てと両立できます。そうした様子を見ていると、女性も男性も安心して働ける環境だなと実感できます。

Y.Iさん:Skyに入社して感じているのは、仕事をするのに男女は関係ないということ。「女性だから」という理由で何かが決まることはないので、働きづらいと感じたことはまったくありません。活躍したいという意思があれば、それを邪魔する要素は一切ありません。女性も実力を正当に評価され、ずっと活躍できる会社だと思います。

Q:営業部門ではいかがでしょうか?

K.Uさん:私の部署はまだまだ女性が少なくて、入社した時には、私1人でした。でも、本当に男女関係なく、実力次第で責任ある仕事を任されています。意欲と実力があれば、性別は関係なく、キャリアアップもできる。これは本当にSkyならではの魅力ですね。

Q:女性の多い職場から転職してきたM.Uさんは、
どう感じていますか?

M.Uさん:女性営業はまだまだ少ないのですが、「女性だからアシスタント的な役割」ということは一切なく、1人の担当営業としてすべて任されています。そこが私としても嬉しかったですね。産休・育休についても、周りの受け入れ体制や制度はしっかり整っています。これから産休に入る人、復職して時短勤務で仕事を続けている人など、身近なところに女性としてのキャリアをしっかり築いている先輩がいます。そうした姿を見習って、私もいつかそうなりたいなと思っています。お手本にできる先輩たちが身近にいて心強いですし、自分の将来に安心できます!

まだまだ成長している会社。
だからこそ男性も女性も関係なく、
キャリアもスキルも自分次第で磨いていける
Q:最後に、転職に向けて悩んでいる方、
迷っている方に、メッセージをお願いします。

M.Uさん:ITと聞くと、少し難しい印象を持つかもしれません。しかし、定着率は96%(2017年3月期)を誇り、女性も長く活躍している会社です。社内ツイッター「Skyなう」などで全社員がフラットにコミュニケーションをとれるシステムもありますし、自分の意見をもって行動すれば、チャンスも与えてくれる社風も魅力です。ぜひ、一緒に会社を成長させていける、意欲ある方と働きたいですね!

Q:エンジニアのY.Iさんは、
新しいことに挑戦するチャンスを求めて
転職されました。

Y.Iさん:自分のやりたいことをしっかり主張し、積極的に手を挙げれば、チャンスを掴める会社です。私の場合はまず、Web系開発へのスキルチェンジを実現できました。Skyは、女性の活躍できる環境づくりに力を入れていると思いますし、意欲と実力があれば、しっかりとキャリアを切り拓ける会社だと思います。初めはワークライフバランスに魅かれていたのですが、先輩たちの素敵な活躍ぶりを見て、この会社でキャリアアップしたいと思えるようになりました!

Q:評価エンジニアだったS.Wさんは転職後、
新しい分野にキャリアチェンジして、
リーダーになられました。

S.Wさん:思いがけず車載系開発の上流工程という、まったく新しい世界にチャレンジできました。Skyは期待以上のチャンスをもたらしてくれる会社ですね。女性エンジニアが全員集合して楽しむ「女子会」は、まだ数十名でしか開催できていません。将来的には、部門ごとに女子会が開けるくらい後輩メンバーが増えると嬉しいですね。

Q:K.Uさんは、先にSkyに転職していた
元同僚に勧められて入社しました。
元同僚の言葉は本当でしたか?

K.Uさん:もちろんです!「働きやすいし、転職してよかったよ」という言葉は本当でした。今の環境に不満や不安を感じている方、現状を変えたいと思っている方にこそ、この言葉をそのまま伝えたいですね。

【担当エージェントより】
エンジニアと営業。立場は違っても、同じSkyというフィールドで、女性として伸び伸びキャリアを築いている様子がよく伝わってきました。今後も女性活躍社会の発展のため、あとに続く女性社員のため、皆さんの目標となる存在として輝き続けて欲しいですね。