Sky株式会社 企業情報|求人・転職エージェント

ご紹介企業情報

マイナビエージェントから提案する求人企業の一例をご紹介します

Broad Horizon
Skyでのエンジニアの活躍

Theme02

「入社14年目」と「入社1年目」の
女性エンジニアに聞きました!
Skyだから手にできた
「キャリア」と「成長」とは?

2018.07.31
profile
クライアント・システム開発事業部
技術部 MFPグループ チーフ
H.M
クライアント・システム開発事業部
技術部 ビジネスソリューショングループ
T.H
株式会社マイナビ
転職情報事業本部
K.E

経験の少ないリーダー職を
「ALL Sky」で乗り越えた!

QSkyで経験した印象的な
プロジェクトやエピソードはありますか?

H.Mさん:直近数年間は、同じお客様の複合機の組込みソフトウェア開発にリーダーとして携わっており、チームをまとめる立場で仕事をしています。といっても初めからマネジメントができたわけではありません。「できればリーダーをやってみたい」くらいには思っていましたが、実際にやってみると、お客様への対応に追われて混乱してしまうことが多くて…。はじめの頃、私の印象に残っているのは「周りに支えられた」「救われた」という思い出ばかりですね。

Q例えばどんな思い出がありますか?
もちろん差し支えない範囲で教えてください。

H.Mさん:一度、リリース前の評価で大きな不具合を出してしまったことがあるんです。なぜかレビューから漏れてしまったメンバーのコードがあり、よりによって、そこにミスがありました。すべてチェックし直しとなり、私はお客様対応で手一杯になってしまったのですが、メンバーたちに「なんとかするから」と支えられながら乗り切ることができました。

T.Hさん:聞いているだけでドキドキします。組込み系はハードウェアが絡むので、特に怖いですよね。

QT.Hさんはまだ転職して日が浅いのですが、
印象に残っていることはありますか?

T.Hさん:前職とは携わる分野もフェーズも環境も変わったので、初めてのことだらけで日々刺激を受けています。前職では1人で客先常駐という形が多かったですが、今の現場にはSkyのメンバーが20人以上います。こうして同じ会社のチームで働くというのが初めてで新鮮ですね。Skyならではといえば、やはり社内ツイッター「Skyなう」です。わからないことがあり、身近な人に聞いても解決できないとき、「Skyなう」で質問すると、具体的なアドバイスがすぐ返ってきたりします。これほどリアルに役立つものだというのが驚きでした。

H.Mさん:だれかが困っていたら、すぐ手を差し伸べようという意識が本当に浸透してるんですよね。もともと一体感の強い社風はあったのですが、それを「Skyなう」という気軽に使えるツールで見える化したことで、拠点や部署・職種を問わず全社に広がり、ますます有益なものになったと思います。会社のトップが何を考えているのか、他の部署で何が進行しているのか、リアルタイムでわかるのも面白いですね。

T.Hさん:入社したばかりでも「ALL Sky」に自然と巻き込まれていきますね(笑)。そして、自分も困っている人、悩んでいる人の役に立てるようになろうという気持ちになれます。

上流工程へ、マネジメントへ。
Skyで叶えたキャリアアップ!

QT.HさんはSkyに入社し、前職よりも着実に
ステップアップを果たされましたよね?

T.Hさん:二次請けからプライムへ、舞台が移ったことで、よりお客様の近くで開発に取り組めるようになりました。また、入社後すぐに基本設計から携わることができ、前々からやりたかったことが、実現できています。Skyは幅広い分野の業務系システムも手がけているので、これから技術面・業務面いずれも幅を広げていけそうです。もっと上流を手がけている先輩もチーム内にいるので、今後のキャリアアップもイメージしやすいですね。

QH.Mさんは昨年、拠点長に就任されました。
どんな実績・能力が評価されたのでしょうか?

H.Mさん:8年前、現在の複合機開発のプロジェクトに参画したときには、一開発担当者でした。その半年後にはモジュール担当のリーダーを任されました。そして昨年、拠点のトップである拠点長に就くことができました。フェーズによって人数は変わりますが、多いときは30人ほどのメンバーがいます。このポジションを任されたときには、年齢・社歴・男女に関わらず、正当に評価してくれる、Skyという会社の姿勢を実感しました。 といっても、繰り返しになりますが、私は「チームをリードする」というより、周りを巻き込み、支えられながらマネジメントを行うタイプ。実績といっても、メンバーの働きだと思います。しいていえば強力な「周りを巻き込む力」が評価されたのでしょう。プロジェクト管理という面では、頼りない先輩かもしれません(笑)。

QH.Mさんは女性エンジニアの後輩たちから
頼りにされていると伺っていますよ。
今後はどのような先輩になっていきたいですか?

H.Mさん:本当に頼りにされる先輩になりたいですね。フランクな社風なので、色々な相談をされると嬉しいですね。仕事やキャリアの相談もされますし、私も先輩たちに相談に乗ってもらいながら、ここまで来られたと思っています。親身になって応えて、きちんと還元していきたいですね。

Skyに転職したからこそ、
リーダーへのキャリアが見えてきた。

QH.Mさんは今後、
Skyでどんなエンジニアになりたいですか?
目標を聞かせてください。

H.Mさん:女性エンジニアたちの「憧れの先輩」になれたら嬉しいですね。そのためには、マネジメントの精度を上げられるようスキルアップし、後輩たちのお手本になれるよう自らも成長しなければならないと思っています。そして、女性エンジニアたちのキャリアの面で目標になれたり、相談に乗れるような存在を目指したいですね。

Q入社1年目のT.Hさんは、
今後Skyでどんなエンジニアを
目指したいですか?

T.Hさん:現在、基本設計を手がけていますが、さらに上流工程で、お客様とダイレクトにお話しながら、プロジェクトを回していけるようなエンジニアになりたいですね。実はもともとマネジメントにそれほど興味はなかったのですが、Skyに転職して意識が変わってきました。周りのリーダーの仕事を見ているうちに「私もやってみたい」という気持ちになってきたんです。前向きな人たちが集まっているSkyという環境の中で、以前よりずっと前向きになれたのだと思います。入社して半年ですが、これも大きな変化ですね。

Qこれからリーダーを目指すにあたって、
H.Mさんに聞いておきたいことはありますか?

T.Hさん:今のプロジェクトで着実に経験を積んで、リーダーを目指したいと思います。ただ、リーダーとしての責任の重さ、プレッシャーに耐えられるかどうか…。まったく経験のない世界です。H.Mさんは初めはどうでしたか?

H.Mさん:私も初めは耐えられるなんて思ってませんでした。ありきたりな答えで申し訳ないですが、徐々に慣れてきたんです。私の場合は、本当に周りに支えられて成り立つリーダーなので、プレッシャーも分散されているのかもしれません。ただ、メンバーの時には自分1人が頑張ればいいですが、リーダーは自分が頑張るのではなく、メンバー全員に頑張ってもらえるよう、環境を整えるのが仕事です。この気持ちが切り替わる時が、きっと来るので楽しみにしていてください!

QSkyに転職されて、
プライベートに使える時間も増えたと思います。
最後に、オフは主に何をされていますか?

H.Mさん:私はゴルフですね。

T.Hさん:え!?私もゴルフやってますよ。普通に打ちっぱなしに行ったり。

H.Mさん:まさかの共通点!今度誘っていい?

総括

女性エンジニアが活躍できる、
フィールドがありました!

まだまだ、「IT業界=男性」というイメージが強いと思われがちですが、Skyでは、男女関係なく活躍できるフィールドがあると感じました。実際に産休・育休を経て復職した女性エンジニアもいたり、きちんと評価されてリーダーをされている方がいるのは、今から入社を考えている女性の方にとってもとても安心できるのではないでしょうか。まだまだ、女性エンジニアの数は少ないかもしれませんが、「ALL Sky」という全社で協力しながら仕事を進め、普段から自然に助け合える環境があることは、魅力的です。少しでも不安や悩みをいだいている方は、一度検討してみてもいいのではないでしょうか。