第二新卒の面接ノウハウ|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒の面接ノウハウ

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

就職面接と一口にいっても、「新卒」「中途」「第二新卒」と、応募者のステータスによって面接官が知りたい内容やチェックポイントは異なります。 面接対策では、企業側が何を知りたいと考えているのか、どんな人材を求めているのか、想像力を発揮することが大切です。
この記事では、それぞれの立場における面接のポイントをご説明します。特に、新卒でも中途でもない第二新卒は、面接での対応をどうすれば良いのか悩ましいところでもありますので、より詳しくご紹介しましょう。

新卒採用の場合

企業側からすると、一般的には、新卒採用の面接ではまず、応募者の親しみやすさや明るさを見ているといいます。
これから一緒に働く仲間を募集しているので、当然かもしれません。会社の雰囲気になじめそうか、協調性を持っているのかについても、同じように注目しています。即戦力を求めているわけではないので、面接時点での能力よりも、どれだけ真面目に吸収していけるか、真摯な姿勢をがあるかどうかを確認することが多いようです。

中途採用の場合

企業が中途採用で人材を募集する理由はいくつかありますが、基本的には即戦力として、それまでの経験を自社でも活かしてくれる人を求めています。求人側の企業が求める年齢も応募動機も幅広いので、求職者は求人企業の求めるものに応じて個別に面接対策を考える必要があります。
面接での質問の裏には、必ず聞いた意図があります。面接官が何を聞きたくて質問したのか、真意を正確に読み取って答えることで、ビジネス経験が豊富なことを裏付けることができます。

第二新卒の場合

企業は、第二新卒の転職者に何を求めているのでしょうか。経験が豊富ではないことは理解していますし、経験よりも将来のポテンシャルに期待していることが多いようです。ただし、新卒と違ってビジネスの基礎は身に付けているものと考えているので、提出書類や面接での態度などが新卒者と同じレベルでは見劣りしてしまいます。

一方で、第二新卒とはいえ、スキルに期待している企業もあります。この場合は、今の自分のスキルレベルをわかりやすく説明し、今後はどのようにしてスキルアップしていきたいのかを伝えられるようにしましょう。 また、スキルがあったとしても、それが転職先でも発揮できるとは限りません。企業が求めるものの違いを理解しようとし、新しい職場でキャッチアップしていく方法を考える姿勢を示すことも大切です。

第二新卒の面接で大事なポイントは?

せっかく苦労して新卒で就職したのに、あえて第二新卒枠を活用して、新しいステージを目指そうとする行動力は、成長意欲の表れです。また、ビジネスマナーや仕事に向かう姿勢などは、いくら研修を実施しても、すぐに身に付くものではありません。第二新卒とはいえ、月日を重ねないと身に付かない社会人としての基礎能力は、新卒入社にはない貴重な財産なのです。面接を通して、基礎能力と情熱を併せ持っていることをアピールしましょう。
では、特に第二新卒の面接においては、具体的にどのようなポイントに気を付けるべきなのでしょうか。

ポジティブな転職理由を説明する

第二新卒の採用において、多くの採用担当者はポテンシャルに期待しています。一方で、また数年以内に辞めてしまうのでは、という心配も併せ持っています。そのため、面接では仕事への意欲だけではなく、他の仕事を経験したからこそ語れる、自分なりの転職理由を話すようにしましょう。
自分が前職で感じたこと、転職しようと考えるようになったエピソード、新しい会社で実現したいことなど、転職の動機にしっかりと裏付けがあることを印象付けたいものです。

もし、最大の退職理由が現状への不満だとしても、具体的に挑戦したいことをはっきりと示すことが必要です。それが、転職しないと実現できないのだという理由があれば、転職という選択がとても前向きな行動として受け止められるでしょう。前職でどうしても譲れなかったこと、このこだわりは捨てられないといった、表面的ではなく中身のある話をしましょう。

退職理由は、表現に気を付けます。ただ、わがままなだけの自分勝手な理由だと受け取られてしまっては、また早期退職してしまうのではないかという疑念を深くしてしまいます。 率直な気持ちを表すことも大切ですが、あまりにネガティブな気持ちを伝えるのも考えものです。配慮して話していれば、「ちゃんと考えて話せる能力があるな」というように、面接官は評価してくれるでしょう。これも社会人経験があるからこそ養われる能力です。

企業も良く見られたいと思っている

面接官としては、優秀な人材に入社してもらいたいと考えているので、当然ながら、自分たちの会社の印象を悪くしたくないもの。「話しやすい雰囲気づくりをしよう」「どんな話題から始めれば本心を打ち明けてくれるだろうか」など、面接官も配慮をしています。また、第二新卒も含めた転職では、新卒の面接以上に、「一緒に働きやすい人なのか」を重要視することが多いようです。そのことを念頭に、新卒面接のときよりも「話をする」という意識を持ちましょう。

さらに、企業側としては長く働き続けてほしいと考えているので、入社後のミスマッチを防ぐために、どのような企業文化や価値観なのかを応募者に伝え、仕事内容の理解を深めてもらえるようにと面接官は心掛けています。
面接は、見方を変えれば応募者が会社を見定める場でもあります。積極的に質問をして、できる限り疑問を取り除こうとしている姿勢、この企業に興味を持っているのだという姿勢を見せることは、応募者にとっても企業にとっても、お互いにプラスなのです。

転職をお考えの方へ。

転職活動は情報収集が命です。第二新卒という貴重なチャンスで転職を成功させるためにも、転職の知識は身につけておきましょう。

 その他のお役立ちコンテンツ

「第二新卒とは」TOPにもどる

第二新卒の面接ノウハウページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。