第二新卒が職務経歴書を書くときに押さえておきたいポイントとは|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒が職務経歴書を
書くときに押さえておきたいポイント

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

第二新卒者が転職活動を行う際、短期間のうちに会社を辞めてしまっていることから、「職務経歴書に何を書いたらいいかわからない…」という声が多く聞かれます。第二新卒採用が各企業で活発になっている現在、書類選考で不採用になってしまうのはもったいないもの。

ここでは、採用担当者が職務経歴書のどの部分をチェックしているか説明し、それを踏まえて、転職活動を成功させるための職務経歴書の書き方についてご紹介します。

採用担当者は第二新卒の職務経歴書のどこを見ている?

新卒採用の場合と異なり、第二新卒が企業に応募する際は、履歴書とは別に「職務経歴書」の添付を求められることが一般的です。職務経歴書は、これまでどのような業務をこなし、具体的にどのような知識やスキルを身に付けてきたかを表す書類です。

企業が人材を採用する場合、今後の伸びしろに期待する「ポテンシャル採用」と、即戦力として活躍してくれることを期待する「キャリア採用」の2種類に分かれます。

社会人経験の浅い第二新卒を採用する場合は、ポテンシャル採用が中心となります。そのため、応募者の人柄や意欲などを見極めるために、採用担当者は職務経歴書の次のような点に着目します。

・応募者のキャリアプランと自社の求める方向性が合っているか
・既存社員や社内の雰囲気になじめそうか
・前職のやり方に固執せず、自社のやり方を素直に学ぶ姿勢があるか
・社会人としての基本的な常識や、最低限のビジネスマナーが身に付いているか
・基本的なパソコン操作など、仕事をする上で必要となるビジネススキルが身に付いているか
・記載内容に信憑性があるか

職務経歴書を書く前の準備

職務経歴書を作成する前に、まずは自分の経歴について、一度書き出してみましょう。書き出す内容は、社会人になってからの経歴に限りません。学生時代のアルバイトやインターン経験なども立派な職務経験です。

特に次のような内容は、必ず書き出しておきましょう。

・転職の動機につながる要素
・自己アピールにつながる要素
・採用に有利に働く経験
・新人研修などで受けた具体的な教育内容
・営業の売り上げが◯◯だったといった具体的な仕事の実績

自身の経歴を実際に書き出してみることで、アピールポイントが浮かび上がってきます。そのようなアピールポイントが見つかったら、数字やエピソードなどを、さらに具体的に掘り下げていきましょう。

職務経歴書の書き方

ここからは、職務経歴書に書くべき内容や、具体的な書き方について見ていきます。

職務経歴書に書くべき内容

職務経歴書に書く内容に決まりはありませんが、次の項目は必須といえます。

・職務要約
・職務経歴
・前職の勤務先情報(会社情報)
・経験した職務内容(具体的な取組みなどを簡潔に記載)
・主な業績と達成事項
・今後の職務に活かせる資格やスキル
・自己PR

これらの内容に加えて、志望動機も記載すると良いでしょう。履歴書にも志望動機の記入欄がありますが、それほど大きなスペースが取られていません。

志望動機の内容は、採否に大きく関わってきます。採用担当者にアピールするためにも、職務経歴書でより具体的に伝えるようにしましょう。

職務経歴の書き方

職務経歴書には、定型のフォーマットがありません。採用担当者の読みやすさを考慮して、A4用紙1枚以内にまとめるのが好ましく、多くても2~3枚程度に収まるようにしてください。

応募先の採用担当者は、あなたの所属していた会社や業務内容について詳しく知らない場合もあります。そのため、職務経歴を書くときは、あなたが前職でどのような仕事をしていたか、簡潔に伝えることが大切です。

「いつ」「どの部門で」「誰に対して」「何をしたか」を整理して書くことが基本ですが、社会人経験の浅い第二新卒の場合、「何をしたか」の内容がどうしても薄くなりがちです。

「営業部◯名中◯位」「新人の売上記録を塗り替えて部長賞受賞」といった具体的な成果があれば、もれなく記入してアピールにつなげましょう。

具体的な成果がない場合は、職務に対して自分なりに工夫したことについて、具体的なエピソードを交えて記載してください。

今後に活かせる資格やスキル、知識の書き方

国家資格やそれに準じるような資格は、履歴書に記載します。職務経歴書には、次のように、PCスキルなどを記入しましょう。

・Word:ビジネス文書の作成など
・Excel:関数・ピボットテーブル・グラフ作成など
・PowerPoint:画像、グラフを入れてプレゼン資料作成可能など

「中国語での日常会話が可能」など、具体的な資格を取得していなくてもアピールできるスキルがあれば、記入しておくといいでしょう。

自己PRの書き方

職務経歴書を作成するにあたり、最も難しいのが自己PRです。忍耐力があることをアピールする場合、「私の強みは忍耐力があることです」と書くだけでは、採用担当者の印象に残りません。

その忍耐力を活かして何を達成してきたか、今後どのように会社に貢献できるかまで、具体的なエピソードを交えて詳しく書き込む必要があります。

職務経歴書の内容を見直す3つのポイント

職務経歴書を書き終えたら、提出する前に一度読み返してみましょう。特に、次の3つのポイントに注目しながら読み返すようにしてください。

ポイント1.相手に読んでもらうことを意識した文章になっているか

職務経歴書を書く際は、採用担当者がどのような人材を求めているかを考える必要があります。

たとえば、中国語の語学力が求められている職場で「韓国語ができます!」とアピールしても、マイナスになることはありませんが、大きなアドバンテージにはならないでしょう。

自分の長所をただ羅列するのではなく、志望企業の風土や求める人材を理解し、相手のニーズと自分のアピールポイントが合致する点にしぼって書いたほうが、採用担当者の印象に残りやすくなります。

ポイント2.具体的なエピソードを交え、自分の言葉で伝えているか

採用担当者は、何通もの職務経歴書に目を通している「プロ」です。そのため、ネット上のサンプルをコピペしたような文章は、すぐに見破られてしまいます。具体的なエピソードをあなたの言葉で伝えることで、採用担当者に強い印象を与えることができます。

ポイント3.論理的思考力を感じる文章か

論理的な文章とは、内容に一貫性があり、わかりやすい印象を与える文章のことを指します。このような文章を書くことができれば、クライアントに対しても論理的な説明ができる人だという印象を与えることができます。

「結論から先に書く」「本質的ではない内容を省く」といった点が、論理的な文章を書くポイントとなります。

第二新卒の職務経歴書では「今後のポテンシャル」が期待される

社会人経験の浅い第二新卒の場合、これまでのキャリアではなく、今後のポテンシャルを見極めて採用されることがほとんどです。そのため採用担当者は、応募者の人柄や今後の可能性を、職務経歴書から読み取りたいと考えています。

応募先企業で働く意欲を伝えることを意識して、採用担当者に強くアピールできる職務経歴書を書き上げましょう。

転職をお考えの方へ。

転職活動は情報収集が命です。第二新卒という貴重なチャンスで転職を成功させるためにも、転職の知識は身につけておきましょう。

 その他のお役立ちコンテンツ

「第二新卒とは」TOPにもどる

第二新卒が職務経歴書を書くときに押さえておきたいポイントとはページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。