第二新卒で大手に就職するには|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒で大手に
就職するには

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

新卒で就職してから3年以内で辞めた第二新卒の人でも大手へ就職したい人も多いです。しかし、新卒至上主義という日本企業では、新卒のときのように就職で活動をしてもうまくいかないでしょう。特に大手優良企業の場合は、新卒を大量に採用している上に、辞める人も少ないため、人気な企業ほど転職することは難しいと言えます。ただ、まったく募集していない訳ではありません。第二新卒OKという募集も広がってきています。第二新卒でも大手へ就職する可能性を高めるための方法を解説します。

人気ランキングにはない大手企業を探す

新卒のときには、有名な企業や人気ランキングで上位の大手企業が人気です。けれども、こうした企業は福利厚生も手厚く、一度就職したら辞める人も少ないので、中途で採用する人数自体が少ないです。もちろん競争率も激しくなるので、一層難しいです。

しかし、大手企業でも業界によっては第二新卒を多く募集しているところがあります。例えば、B to Bの企業や、大手企業でもそのグループ会社などは、認知度も低いので、大手でも第二新卒を積極採用しているところがあります。大手企業に求めることが、何かにもよってきますが、安定や福利厚生、社会的信頼性を重視する場合には、新卒時には考えなかった大手業界はおすすめです。

就職サイトで探すときに、実は新卒採用サイトから応募できるところもありますが一部なので、転職サイトや転職エージェントも合わせて利用するといいでしょう。

第二新卒のメリットを理解しアピール

新卒と第二新卒は、中途採用者と比較したときに、どちらとも若さや将来性という良さがあります。さらに、新卒と比較したときに、第二新卒は数年の社会人経験があるので、新卒時に行うような社会人としてのマナーや、基礎研修を既に終えています。企業にとってはコストが抑えられるので、育てる必要がないというメリットがあります。また、基礎力が備わっていながらも中途採用者と違い、仕事のやり方へのこだわりが少ないため、会社へ適応しやすいという点も評価してくれます。

仮に、転職先が同業種だった場合には、業界の知識・スキルの基礎ができているので、基礎から教育する必要がなく負担が少なくなります。第二新卒OKとして積極的に募集する企業は、第二新卒のことを即戦力として期待しているのです。つまり、面接のときには、前の仕事と同じ同業種を受けると良いです。経験を具体的に話して、アピールしていけば、内定も得やすくなります。

まとめ

最も大切なことは、一回目の就職と同じ轍を踏まないように、何を大手企業に求めるのかを、誰にでも理解してもらえる形で組み立てていくことが重要です。
自身の経験や希望する会社の特性に合わせて準備を進めていきましょう。

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒」TOPにもどる

 関連ページ

第二新卒で大手に就職するにはに関するコラムページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。