第二新卒の採用時期はいつか|求人・転職エージェント

第二新卒の転職

第二新卒専任のキャリアアドバイザーが、あなたの転職をしっかりサポート

第二新卒の
採用時期はいつか

第二新卒向け 転職ノウハウ・お役立ちコンテンツ

ここで、転職を考えている第二新卒の皆さんに知っていただきたいのは、企業が考えている採用時期についてです。転職を実行する時期というものはとても重要で、タイミングを外してしまうと、せっかくのリスタートを失敗する恐れも大きくなります。この時期を見誤ると、「思い切って退職したけれど、なかなか希望の転職先が見つからない」ということにもなりかねません。転職を成功させるためには、最適な時期に合わせて計画性をもって準備する必要があるのです。それは、単に求人の募集件数だけではなく、入社後の処遇に関わってくることも。たとえば、企業が繁忙期で研修に割く時間や人材が不足していると、十分な指導を受けられず不安を抱えたまま業務を開始することになり、自分自身が苦しむ結果になってしまいます。これは企業としても避けたいリスクであり、コストの無駄使いです。企業側としても、転職者を迎え入れるために最適な時期というものがあるのです。

1年を通して中途採用を行っている企業はありますが、就職をより有利に進めていくためには、募集が多い時期に転職活動を行うのが一番です。新卒採用であれば、企業が一斉に募集を始めるため、就活の開始時期が明確でエントリーもしやすいですよね。では、企業が転職者を中途採用する時期とはいつなのでしょうか。一般に第二新卒が転職を行うためのベストシーズンは、1月から3月と言われています。中でもピークとなるのは3月です。

これにはいくつかの理由があります。まず、企業の決算期の都合です。どこの企業も、基本的に年間の事業計画に沿って業務を遂行しています。多くの企業は3月末を年度末として決算期を設定しているため、1月から2月は決算を行うため非常に忙しい時期となります。そこで、1月から2月の決算期が落ち着いた3月に、特に求人が増える傾向にあります。加えて、新年度への区切りに合わせて4月入社を歓迎している企業が多いことも理由のひとつです。そして、この新年度というのは、転職を考えている人が行動に移しやすい時期でもあります。転職のベストシーズンというのは、企業側としてもポジションに空きが生まれやすいということです。

そして、4月というのは、新卒採用で入社する新入社員と入社のタイミングを合わせられることから、企業側としても一度に研修や手続きを済ませられるため、コストを削減できるという大きなメリットがあります。時期がずれた入社で研修対象が自分1人の場合、簡単なOJTだけで研修を済まされるケースもないとは言えません。新卒者と同時期に合わせることで、全員が同じスタートラインからとなり、研修内容にも差が生じないのです。中途採用となると、同期がいない場合がほとんどですが、この時期を選べば同期入社の社員がいる可能性が高いという点もメリットです。組織に属していくうえで、年齢が近く同じ境遇の仲間の存在は心強いものですよ。

1月から3月以外で転職に向いているシーズンは、7月から9月です。これも1月から3月と同様に企業の年度計画に関係しています。3月を決算期にしている企業では、4月から9月末が上半期となっており、10月からは下半期に突入します。人事異動が行われる時期でもあるため、社内のポストが変動します。これもまた、ひと区切りがつくタイミングとなり、転職を考える人が多いことから、企業としても必要な人材を補填する時期となります。また、6月から7月に夏のボーナスが入るため、このボーナスを受け取ってから退職する人が多いというのも原因です。

では今度は、ベストシーズンとは逆の転職に向かない時期についても考えてみましょう。これには、転職のベストシーズンが深く関わっています。1月から3月の時期に転職を行った場合は4月入社、そして7月から9月の時期に転職を行った場合は10月入社となることが一般的です。企業側としては、社員を採用した後、研修や新人教育に人材を充てなければなりません。人の成長というものは数日で達成できるわけではないので、研修期間として1~3ヵ月の期間を見込んでいます。その間、企業は多数の新人社員を抱えており、いつもより余計に人手が必要となることから、新しい採用には踏み切らないでしょう。ある意味では、採用の後の工程こそが人事担当や新人教育係の繁忙期であるとも考えられるのです。

以上のような理由で、多くの社員が入社する見込みがある採用のベストシーズン以降の数ヵ月間は、中途採用の求人が減少します。よって、4月から6月および10月から12月は、転職には不向きな時期であることがわかります。特に4月から6月は、翌年度の新卒採用の面接時期とも重なっているため、中途採用へかける余裕はない場合があります。特に、新卒採用の枠が大きく、力を入れている大手企業ほど、新入社員の入社後の研修にかける時間や人材が増えるため、そのような場合は、7月までの中途採用を行う可能性は低くなると言えるでしょう。

ここまでの解説でわかるように、第二新卒の転職に適したシーズンは、企業の決算期と大きな結びつきがあることを頭に入れておきましょう。失敗しない転職には、このような予備知識が必要不可欠です。ちなみに、第二新卒の就職市場は、現在景気の回復にあわせて改善傾向にあります。厚生労働省で求人、求職、就職の状況を調査した結果では、有効求人倍率は現在高い水準を保っています。有効求人倍率とは、簡単に言ってしまえば求人数に対する求職者の割合です。仕事が200件ある時期に求職者が400人いる場合であれば、有効求人倍率は0.5になります。1人あたり1件の仕事がないということなので、これでは問題です。これは、求職状況や景気を読むための指標となる有効なデータです。2016年8月分の調査では、有効求人倍率は1.37でした。すなわち、求職者よりも求人数の方が多いということです。リーマンショック後には、有効求人倍率が0.47まで低下したこともありました。しかし、2010年以降増加を続けた有効求人数は、2014年に有効求職者数を上回って以来、ずっとこの水準で安定しています。これは、景気が良く、転職を目指すのに有利な環境であるということを示しています

キャリアカウンセリング・応募書類の添削・面接対策までキャリアアドバイザーに相談する

「第二新卒とは」TOPにもどる

第二新卒の採用時期はいつかのページ。転職エージェントならマイナビエージェント。マイナビの転職エージェントだからできる、転職支援サービス。毎日更新の豊富な求人情報と人材紹介会社ならではの確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。転職エージェントならではの転職成功ノウハウ、お役立ち情報も多数掲載。