モテナビ|転職・人材紹介サービスのマイナビエージェント 豊富な求人情報で、あなたの転職をサポートします。

転職エージェントのマイナビエージェント >  モテナビ > 

モテナビ|今からでも間に合う?義理チョコを1つでも多くもらう5つのミッション 01

2013.2.21

歓送迎会は戦場だ!
仕事力をアップさせる5つの秘策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
主役は独占するな!
歓送迎会の主役は、少なくともその会が終わるまではみんなの主役です。人気のある先輩であれば、みんなが思い出を語り合いたいでしょう。カワイイ新人であれば、みんながツバをつけておきたいと思うでしょう。そんな中、自分だけが最初から最後まで真横に陣取って、会話を独占するのはヤボというもの。周囲の人間に「空気の読めないヤツだ」とあきれられかねません。
歓送迎会の秘策4:密着マークするなら上司!
仲良し同士が集まって上司や社長が孤立している…こんな歓送迎会はもったいないの一言。無礼講と言わないまでも、酒の入る席では、職場では聞けない本音が聞きやすくなります。たとえば、会社が自分に期待していること、会社がこれから目指す成長分野、人事異動の噂の本当のところ…。知って働くのと、知らないで働くのとでは、大違いだと思いませんか。仲良し同士の飲み会は、いつだってできます。しかし、上司や社長といった目上の大先輩たちと親しい距離で話せる機会は、歓送迎会を除いては、そう多くはないことに気づきたいところです。歓送迎会には、そういう面もあるんです。
歓送迎会の秘策5:幹事は必ず引き受けよ!
歓送迎会の主役が迎えているのは、多少なりとも人生の転機。送る側、迎える側の心境よりずっと、歓送迎会の日の思い出は心に深く刻まれます。幹事として感動のシーンを演出できれば、主役たちはあなたのことを一生、忘れないでしょう。また、通常業務であればあなたの働きぶりを評価するのは直属の上司だけですが、歓送迎会ではその上の上司や他部署の上司まで参加していることも珍しくはありません。歓送迎会は、広く会社の上層部に自分の存在をアピールする好機とも言えるのです。

仕事ハッカー・イワタテ

専門のキャリアアドバイザーが
あなたの転職活動を無料サポート