モテナビ|転職・人材紹介サービスのマイナビエージェント 豊富な求人情報で、あなたの転職をサポートします。

転職エージェントのマイナビエージェント >  モテナビ > 

モテナビ|クールビズがわかる、 6つの疑問珍問Q&A01

2012.8.3

BBQ幹事のモテる!人間活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普通、こうしたイベントごとで説教くさい社長や上司は、できれば隣に座り/立ちたくはない相手。でも、社員みんなが目上の方々と距離をおいたのでは、BBQの本来の目的である社内交流の意味が薄れてしまいます。
社長や上司にはビールの注ぎ役や肉焼き係として先頭に立って働いてもらうのが社内イベント成功のヒケツ。社長や上司からビールを注がれたり、肉を焼いてもらったりして、悪い気がする社員はいません。目上の方々が気分を害さないためには、事前にそうした役割をお願いしておいたり、「焼肉・社長苑」といった文字をあしらった看板やタスキを用意して非日常の「ジョーク」な雰囲気づくりを心がけると良いでしょう。本来、こうした社内イベントを成功させたいのは、社内の結束を固めたい社長や上司の方。失礼のないようにお願いすれば、また、参加者全員が何かしらの役割を負っていることがわかっていれば、協力的なことが多いはずです。

BBQ当日は、参加人数が多ければ多いほど問題が多く発生するもの。幹事の最重要鉄則は、当日は何の役割も担ってはいけない、です。問題が起こって誰かが困っているとき、幹事が肉を焼いていて手が放せない、とか言ってちゃぁ、みんな困ってしまうのです。

当日は、トラブルに備えて自分自身を身軽にしておくこと。結局、「僕だけ何もしないで、ひたすら肉を食ってました、みんなゴメンネ!」と幹事が自由に楽しんじゃってるBBQこそ本当に成功したBBQです。
もちろん、本当に勝手に楽しんでるだけでなく、各人の役割が円滑に回っているか、こっそり目配り気配りを張り巡らせるように会場中を満遍なく練り歩く、くらいのことは心がけたいですね。

幹事は当日何もせずに楽しんだ訳ですから、協力してくれたスタッフ、参加してくれた社員、寛大に見守ってくれた社長・上司には繰り返しお礼を言いましょう。

お礼を言うたびに、相手も幹事役との思い出を喚起するはずです。もちろん「オレのおかげ」、「オレがすげぇ」といった自己アピールはやってはいけません。BBQが楽しかったのなら、口に出さずともみんな、「あいつはなかなかやるじゃないか」、と感じ入っているはずです。

BBQは、仕事で言えば相当な規模の人間が関わる案件。まさに、幹事のリーダーシップがアピールできるシチュエーションです。しかも、仕事ほどには周囲の目も厳しくありません。言ってみれば、ローリスク・ハイリターンのおいしい案件。
この夏、そして秋。BBQ幹事を引き受けない理由は、ありますか?
(いいえ、ありません。)

「BBQ幹事のモテる!人間活用術」評論家・イワタテ

専門のキャリアアドバイザーが
あなたの転職活動を無料サポート