モテナビ|転職・人材紹介サービスのマイナビエージェント 豊富な求人情報で、あなたの転職をサポートします。

転職エージェントのマイナビエージェント >  モテナビ > 

モテナビ|五月病、5つのスッキリハッキリ解消法01

志の高い人間ほど五月病に苦しむ?
GWが終わって心機一転、バリバリ働くつもりだったのに、どうも連休明けのスタートダッシュには乗り遅れてしまったみたいだ。
新年度からの新しい環境に馴染めず、会社に出るのが憂鬱だ。
とにかくやる気が出ないんだよね。
どうも五月病みたいだ

…という方。それはモテオトコを目指す人間ならではの悩みです。
今回のモテナビは、気怠い気分をスッキリと克服して、仕事への情熱をハッキリと取り戻すための、5つの五月病解消法をご紹介します。
五月病解消法1  目標をスケジュール表に書き出す。
五月病とは、主にGW明けの新入社員や大学の新入生などに見られる、わけのわからないなんとなくモヤッとした憂鬱な気分のこと。おもな原因としては、変身の失敗が考えられます。

新年度を迎えた高揚感で、モテオトコはどうしても、高すぎる目標を自分に設定しがち。ところが、いかに固い決意をもっていても、去年80点のオトコが新年度を迎えたからといって一瞬で1000点のオトコに急成長できる訳もありません。要は、自分にかけた過大な期待に、押しつぶされてしまっているのです。

対策として有効なのは、4月時点で自分に課した目標を紙に書き出す作業です。まずは、短期目標と中長期目標を分別してください。短期の目標は、すぐにでもスケジュール表に書き込んでいきます。たとえば、「毎朝5時に起きて、1時間読書」という目標を、毎日スケジュール表を開くたびに確認できる状態にしておくのです。

中長期の目標は、内容を細分化する必要があります。たとえば、「マネジメントの能力をつける」といったあいまいな目標では、何を頑張れば良いのか自分でもよくわかりません。具体的に、「マネジメント研修を受ける」、「後輩社員との意見交換会を開く」といった行動を、スケジュール表に予定していくことで、はじめて目標達成へのステップが明確になる訳です。

人間は急には変われません。何か頑張らないと、何かを変えないと、と焦燥感に追われている方は、今日やること、明日やることを、スケジュール表を使って視覚化してみましょう。

専門のキャリアアドバイザーが
あなたの転職活動を無料サポート